【今週のCheck it!】圧倒的な信頼感を誇る「日本製」ローション-最新「買った」ランキングから

トレンドExpressが毎週行っている中国ソーシャルメディアにおける日本関連書き込み総件数ランキング。そのランキングから、注目の商品、注目のサービスをピックアップ。中国消費者がハマる背景を探ります。今回は2018年5月2日~5月8日の「買った」ランキングから、中国消費者から強い信頼を得ているスキンケア商品です。

今回の「買った」ランキングトップ10は以下

2018年5月2日~5月8日の「買った」ランキング

今週の注目Word:ピジョン薬用ローション(ももの葉)

今回は夏に向け、「買った」部門で徐々にランキングを上げている「ピジョン薬用ローション(ももの葉)」に注目したいと思います。

今回はランキング推移ではなく、トレンドViewerから口コミ件数推移を見てみましょう。

下の表を見るとわかるように、急速に口コミ件数が増えているのではなく、2015年6月10日の週に初登場してから徐々に伸びており、消費者の口コミが積み重なってきたことが見て取れます。

これはまさに同商品が少しずつ、しかし着実に中国消費者の心をつかんできたという現れでもあります。

「ピジョン薬用ローション(ももの葉)」は、1957年設立の育児用品メーカー「ピジョン」のスキンケア商品です。

生後0ヵ月頃の赤ちゃんから大人まで使える、身体に優しい保湿成分ももの葉エキスを配合した植物性の弱酸性・無添加ローション。あせもに良いと評判で、発売から累計出荷本数430万本を突破するヒット商品となっています。

赤ちゃんから大人まで絶大な人気!口コミも写真付きで改善報告

「ピジョン薬用ローション(ももの葉)」の中国国内での評判を調べてみました。結果、ひと言で言うと「すごい人気」です。

中国越境ECアプリ「小紅書(RED)」では、1600を超える口コミが寄せられており、愛用者はまさに生まれたばかりの赤ちゃんから、大人まで幅広く、絶大な信頼が寄せられているのがわかります。

同商品を20個爆買いしている模様の動画をアップする人も…。訪日観光者かソーシャルバイヤーか…?

赤ちゃんは、あせもやオムツかぶれ、冬場の乾燥投防止などに使われており、大人の愛用者は、あせもやアトピーなど、肌トラブルに長年苦しんでいるという方が多く、重篤なアトピーの方が、使用後4日ほどで改善がみられたという口コミもありました。

また、超敏感肌の消費者は、化粧水代わりに使用している方も多く、リピート率の高さも特徴的です。

桃の葉は、昔から日本では、葉に含まれるタンニンやマグネシウム、カリウムといった成分が、皮膚トラブルに効果的といわれ、あせもや肌荒れ対策に使われてきました。中国でも同様で、漢方に使用される他、魔除けや長寿に効くとされ、厄除けにも使用されています。

日々の生活でも馴染みの深い桃の葉を使用したことが、幅広い層に受け入れられた要因かもしれません。

入浴剤として利用するのは中国式?

中国では、お風呂上がりや洗顔後に身体に塗るだけでなく、湯船に入れて入浴剤代わりに使用する人も多いようです。

口コミには、「保湿力が高まる」と書いてありますが、百貨店のベビー用品売場の販売員に効果的な使用方法を尋ねたところ、「やはりお風呂上がりの清潔な肌にたっぶり使うのが良いですね。口に入っても安心なやさしい成分なので、お風呂にいれても問題はないのですが、お風呂にいれると成分がかなり薄まってしまうので、効果を期待するなら直接お肌に塗るのをおすすめしたいですね」とのこと。

また、「合成界面活性剤などを使用した洗浄力の高い石鹸やボディソープは、赤ちゃんや敏感肌の方は肌トラブルを引き起こす可能性があります。ももの葉シリーズには、全身用の泡ソープもあるので、せっかくなので併せて使っていただけると、より効果が期待できると思いますよ」と教えてくれました。

同メーカー同商品でも中国生産は…!? 中国人ママが日本製を選ぶ理由

さてメーカーのピジョンは「Pigeon(贝亲)」で現地法人を設立し、中国国内の百貨店や医療機関でも製品の取り扱いをしています。

定評がある「桃の葉ローション」も中国生産で現地展開をしており、店頭やインターネットで購入ができます。しかし、中国国内のショッピングサイトをみると、同商品に関しては中国生産の商品よりも日本からの輸入品の取り扱いが多く、人気のようです。

日頃からピジョン製品を含む日本の育児用品を愛用している、中国・上海で子育て中の中国人ママに、日本製の育児用品を使う理由について話を聞いたところ、驚くべき返答が返ってきました。

「私が使っている育児用品のほとんどは、日本で買ってきたものや、中国国内で買った日本からの輸入品です。え、なぜかって?確かに日本製を購入すると割高になるけど、安心の方が大事でしょ?」

中国生産の育児用品も素材や製法にこだわり、きっちり生産管理もなされているはずです。しかし、中国生産というだけで、「安心できない何か」があるということでしょうか…。

より詳しい中国情報はこちら
トレンドViewerログイン(会員専用)
Page Top