中国トレンドExpress

中国プロモーション

関連記事

消費者に愛される商品へ 中国市場で勝つためのニックネームとは?

加熱する中国市場。そこでのカギは中国において知名度を高める事、そして中国消費者にとって親近感を持ってもらうことである。 今、その手法として広く普及しているのが「商品にニックネームをつける」という戦略である。とかく長くなり…

え、ここに打っちゃっていいんですか?~ 知られざる中国プロダクトプレイスメントの世界

中国の映像市場は年々拡大している。例えば映画、2008年の興行収入が77億元程度であったが、2018年には609.76億元にまで成長。近年はSF映画などの評価も高まり、世界からも注目されている。またドラマも2018年には…

中国動画マーケティング大解剖 Vol.3活用篇 ~ブランディング動画で中国への「本気度」が見える

これまで述べたように、中国のネット動画市場は右肩上がりの成長を見せている。と同時に、その動画の種類の増加しており、「どのようなケースで、どの種類に動画を使うのか?」と頭を悩ませる中国市場担当者も多い。 もしくは「現地法人…

中国動画マーケティング大解剖 Vol.2活用篇~最新注目動画プロモ「Vlog」で挑む!

中国では「動画プロモーション」が主流となっている。ただ、一言に動画プロモーションといっても、多種多様。それぞれに特殊があり、使い道も異なる。さらに、それぞれの動画に対する中国の消費者の印象も、大きな差異がある。それらを理…

中国動画マーケティング大解剖 Vol.1~基礎知識編

中国の消費者向けのマーケティングで効果的な手法として注目されている動画マーケティング。 「よし!動画マーケティングするぞ!」といっても、数多いプラットホーム、動画の種類、またどのようにしたら中国の消費者に刺さるのか…など…

【中国SNS】618直前も展開されているWeibo「話題ページ」 成功のカギは「遊びゴコロ」のある言葉

間もなくやって来る618、そして下半期には中国最大の小売りイベント・ダブルイレブン。その商戦から中国市場全体を通して活用が始まっているWeiboの「話題ページ」。 日本の企業でもすでに活用例も増えていますが、今回はその話…

【中国コンテンツBiz】 中国の教育現場でも元気にはたらく! 細胞さんたちは、国を越えて大忙し~『はたらく細胞』から見る日中文化交流~

可愛い女の子の姿をして酸素を運ぶ、ちょっと間抜けな「赤血球」。それを傍らで見守り、敵とは命がけで戦う「白血球」。幼稚園児のような姿でいながら重要な仕事をこなす「血小板」。さらにはいつの間にか入り込み悪さをする「病原菌」……

【中国プロモーション】バレンタイン≠チョコレート (2)え? こんな会社もプロモーション?

前回に引き続き中国バレンタイン商戦のプロモーション事例をお届けします。日本でバレンタインと言えばチョコレートなどのお菓子、小売店、飲食などがプロモーション活動の主役ではありますが、中国ではちょ~っとだけ範囲が広がっており…

【中国プロモーション】バレンタイン≠チョコレート (1)熱いプロモーションで女心をつかめ

2月といえばバレンタインデー。心ときめく恋人たちの日であることは中国でも同様なのですが、その過ごし方は日本とはちょっとだけ違います。今回はそんな中国のバレンタイン事情と、そこに向けての企業プロモーションについてご紹介しま…

【インタビュー】中国で広がるデジタルサイネージ活用(3)運営の肝と新たな施策~「アート」が模倣品に負けないインパクトを生み出す~

(2)では店舗のデジタル化が、オフライン店舗の価値を再定義する可能性について整理していただきました。また実際に導入されているユニクロの事例から、サイネージの設置意義が多層的であることも確認できました。引き続き同社の事例か…