【中国コンテンツBiz】 人気漫画のオリジナルCMでW11~W12へ  コンテンツ・タイアップで中国の胃袋をGet

以前ご紹介した「中国における週刊少年ジャンプ」の人気ぶり。その作品の多くが中国の若者を魅了し、人気を博しています。こうした日本のアニメなどのコンテンツは、中国に進出する日本企業にとっても強い味方になります。実はすでにその人気を活用し、中国で話題になった商品があります。それは「日清カップヌードル」。

今回の中国コンテンツBizでは、日本のみならず中国でもファンの多いジャンプ作品『銀魂』を活用して中国SNSで話題になった案件をご紹介しましょう。

 

『銀魂』は2004年から週刊少年ジャンプで掲載されている人気漫画(作者:空知英秋)。セグメントで見れば、「SFギャグ・バトル時代劇」とでもなるでしょうか。

2016年5月には単行本発行部数累計5000万部を突破し、アニメ化、さらには2017年に実写映画が上映され、興行収入39億円のヒット作品となっています。

その銀魂ですが、すでに海を越えて中国でも人気作品となっています。主に、大学生~ホワイトカラーに好評なようです。多くがインターネットでその作品を知り、動画サイトなどで視聴し、アニメイベントでは登場人物のコスプレなども多く見かけます。

前述の実写映画も2017年9月1日から3日間限定で上映されましたが、その興行収入は5956万人民元(約10億円)超、中国で最も売れた実写邦画となっています。

その人気に着目したのが「日清食品」でした。

同社は1994年に中国で、即席めん「カップヌードル」の販売を開始、以来20年以上にわたって中国で市場を開拓してきた企業です。

もともと中国の即席めんメーカー「今麦郎」との合弁を行っていましたが、2015年にそれを解消、2017年末には単独で香港市場上場を果たしています。

その日清が2017年に行ったのが、前述の「銀魂」とのコラボ。

行った施策は①キャラクターをデザインしたパッケージ商品の販売。②アニメ版「銀魂」オリジナルCM、の2点。そして狙ったのが、中国最大のECイベント「W11(ダブルイレブン/独身の日)」とそれに続く「W12(12月12日)」でした。

そんな日清食品×銀魂コラボ、W11~W12までの施策を見ていきましょう。

Page Top