記事・コラムを読む

タグ:中国マーケティング

【中国美女】第1回 在留7年だけど、日本情報は中国から?~朴銀花さん

越境ECにインバウンド。中国消費者をターゲットとしたビジネスは年々拡大中。そこで気になるのが「中国の人たちは何を求めて、何に刺さるのか」。そこに悩みを抱える中国事業の担当者も少なくありません。 しかし、よく考えてみましょ…

【中国コンテンツBiz】 ピンクの子豚が席巻中~思わぬキャラクターの大ヒット

今、中国で最も影響力があるキャラクターといえば? ミッキーでもキティちゃんでもなく、ある「ピンクの子豚」が中国の若者たちを席巻しています。見た目はドライヤーにも見えなくもないその姿、なにかのんびりとしたストーリー展開。 …

医師が薬用酒に提言したら即「逮捕」!?  中国で「広告」が信じられないワケ(2)

「一人の医師が、ある市販の薬用酒に提言したことで、刑事逮捕」。この事件は当事者である譚秦東氏が釈放されたことで一応の終息を見ましたが、Weiboなどでは依然として話題となっています。後編は事件への疑問点と、そこから見える…

医師が薬用酒に提言したら即「逮捕」!?  中国で「広告」が信じられないワケ(1)

「中国消費者は広告を信じない」、「中国では広告ではなく、KOLが信用される」など、中国マーケティングではよく聞く言葉です。しかし「本当に?」、「なぜ?」といった疑問も浮かんでくるはず。今回は前後2回に分けて、2017年末…

【速報】2018年「315」中国消費者権益イベント(1) ~今年のターゲットとなったのは?~

今年もやってきました中国恒例「315」、消費者権益の日。中国が総力を挙げて消費者のために、企業の不正を暴き、ニセモノ工場を摘発し、消費者に正当な権利意識を普及させる大きなイベントです。中国系、外資系問わず中国で販売、サー…

中国人、「日本の漢方薬」爆買いの謎

漢方の発祥の地、中国。その中国人が最近では、日本で漢方薬を「爆買い」しているといいます。今年の春節(旧正月)、中国人旅行客が購入した医薬品ランキング50位に、「清肺湯ダスモック」、「龍角散」や「龍角散ダイレクト」、「クラ…

【越境EC最前線!】第3回 ~中国政府の規制の行方は? 今後の越境EC市場(1)~日本貿易振興機構(JETRO)

草場歩-ものづくり産業部・生活関連産業課課長代理 近年の越境EC市場の盛り上がりによって、多くの日本企業が参入しています。しかし同時に越境ECに関して「興味があるけれど、慎重にならざるを得ない」という日本企業はまだ多く存…

【越境EC最前線!】第2回 ~ワールドカップで勝てる商品ですか?~株式会社アイディール

小林淳―株式会社アイディール 代表取締役 中澤吉尋―株式会社トレンドExpress取締役 越境EC市場の現場で活躍する方々にお話を聞いていくこのコーナー。前回に引き続き、株式会社アイディール・代表取締役社長の小林淳氏およ…

【越境EC最前線!】第1回 ~変わる中国、変わる消費者、変わらぬ“売り方”~株式会社アイディール

小林淳―株式会社アイディール 代表取締役 中澤吉尋―株式会社トレンドExpress取締役  すでに説明もいらないほど定着した「越境EC」という言葉。以前よりも手軽に中国にモノを売り込む手法として一躍注目を集め、数多くの企…

バレンタイン≠チョコレート (2)え? こんな会社もプロモーション?

前回に引き続き中国バレンタイン商戦のプロモーション事例をお届けします。日本でバレンタインと言えばチョコレートなどのお菓子、小売店、飲食などがプロモーション活動の主役ではありますが、中国ではちょ~っとだけ範囲が広がっており…

12
Page Top