中国トレンドExpress

中国マーケティング

【column】消えたトップライバー。 中国ライブコマース、そしてマーケティングはどう変わる?

すでに中国におけるEC商戦の中心はライブコマースが担っていると言っていい。 中国のECデータシンクタンクである星図数据では618の成果分析において、…

【市場分析】2022年中国スキンケア界の新トレンド 機能性スキンケアで日本の商機はいかに

中国の化粧品業界で「功效型护肤」というスキンケアを指すキーワードが注目されている。 その指すところは「肌の悩みを改善するための機能を有し、その成分を…

【mini column】大物の消えたライブコマース市場、その今後は?

中国の生活の中で「ライブコマースから購入する」という消費行動は、すでに浸透している。商品を生産、販売する企業の側から見れば、「ライブコマース」は、落…

【Special Interview】 中国参入商品をソーシャル分析で選定 ヘルスケア領域の中国戦略を加速

拡大を続けている中国の消費市場。その拡大に伴って中国消費者の生活ニーズも多様化、より細かなニーズが生まれている。 そうした中国の消費者に向けて「あっ…

【Special Interview】インサイトドリブンの商品開発を実現 「中国ファースト」が切り開く化粧品市場の未来 ―株式会社コーセー

世界でも第2位の化粧品市場となっている中国。その市場を求めて世界から強大なプレーヤーが集まり、市場競争も激化している。 そうした中国市場に対して、株…

中国でヒットを生み出す商品開発の心得とは? 「Fujiko」ブランド生みの親・和田佳奈氏が語る消費者ベースの思考

中国市場開拓においてはもちろんマーケティング活動も重要だが、その商品が中国消費者のニーズに根差したものでなければならない。 トレンドExpressで…

抖音オフィシャルアカウンティズム Vol.1:実施キャンペーンは欠かさず抖音へ!

2021年618から正式に商戦参入を果たし、動画機能に加えたEC機能の強化で注目される抖音(Douyin)。 対中国市場マーケティングでも、非常に見…

【抖音分析】Vol.2 2021年618商戦における抖音のポジションとは?

やや例年とは異なる雰囲気を醸し出していた2021年上半期最大のEC商戦618。その目玉の一つとなったのが抖音(Douyin)の正式参戦である。 ショ…

【column】618大型商戦に潜むファンマーケティング争奪戦 大型商戦の新たな戦略は?

上期最大商戦の618も佳境に入っている。2021年も例年と変わらず各ブランドのプロモーション合戦が展開されており、主戦場であるECプラットホーム、ラ…

【抖音分析】Vol1.0 抖音と抖音マーケティングを基礎から考える

2021年の中国商戦期も本格的にスタートした。T-MallやJD.comは例年よりも前倒しで618の予約期を開始させた。 その一因となっているのはシ…