【ダブルイレブン速報】 2018年ダブルイレブン(独身の日) 1日の総オーダー金額は約3兆5000億円(2135億元)に!

2018年11月11日深夜24:00。中国最大の小売りイベント・ダブルイレブン(独身の日)が幕を閉じました。


▼関連記事
【ダブルイレブン】 2018年ダブルイレブン(独身の日)、スタート後2分で100億元突破。前夜祭では日本、欧米から有名人の出演も


今年のオーダー総額は速報値でなんと2135億元、日本円にして約3兆5000億円となり、昨年を大きく上回りました(ライバルの京東は11月1日0時~11日24時までで1598億元)。

今年のダブルイレブンは日曜日であったこと、また10周年の記念の年でもあり、例年以上の盛り上がりを見せたという一因があります。

ただ、一連のダブルイレブンプロモーションにおいて、百貨店やショッピングモールといったリアル店舗と一体化したキャンペーンが中国各地で展開され、ネット上にとどまらない熱気を見せたこともあるようです。

まさしくアリババグループが推し進める「ニューリテール」戦略をより具体化したキャンペーンとなったといえるでしょう。

また越境EC市場の主戦場たるT-Mall Globalでは、午前中に日本勢の花王とムーニーが激しい戦いを繰り広げるなど、変化も見られた1日となりました。

中国トレンドExpressでは、こうした2018年ダブルイレブン当日の上海の模様を現地取材。今年のダブルイレブン振り返り・深掘りを交えてお伝えする予定です。

より詳しい中国情報はこちら
トレンドViewerログイン(会員専用)
Page Top