中国トレンドExpress

プロフィール

中国トレンドExpress 編集長 森下 智史

高校卒業後、約10か月間日本で中国語を学ぶ。1998年2月~上海で学部および大学院(中国古代史)で学ぶ。2005年に卒業後、上海で在留邦人向け情報誌の編集・ライターとして業務。2012年に日系市場調査会社上海現地法人でマーケティングリサーチ(産業調査)業務に携わる。2015年5月、17年間の中国生活に区切りをつけ、帰国。東京で日中間のビジネスコンサルティング業務を経て2018年1月にトレンドExpress入社。現在に至る。​

618に異変? 中国のEC商戦変化を読み解く

中国における上半期最大にして、中国2大商戦のひとつ「618」が終了しました。今年も昨年の結果を大きく超えた結果となり、JD.comからも「成功」を発表する発表がありました。 しかし、今年の参加企業、さらには動向を注視した…

【中国SNS】618直前も展開されているWeibo「話題ページ」 成功のカギは「遊びゴコロ」のある言葉

間もなくやって来る618、そして下半期には中国最大の小売りイベント・ダブルイレブン。その商戦から中国市場全体を通して活用が始まっているWeiboの「話題ページ」。 日本の企業でもすでに活用例も増えていますが、今回はその話…

【訪日観光客】2019年Q1で最も行かれた、そして人気の訪日目的は?

トレンドViewerのクチコミデータから2019年1~3月の中国消費者ニーズを分析している中国トレンドExpress。今回は過熱止まらない中国からのインバウンドニーズを分析します。日本政府観光局(JNTO)が発表したよう…

「中国の展示会って何するの?」、「ライブでしょう!」 イマドキの中国化粧品の展示会事情

大盛況で終わった中国国際美容博覧会、通称CBE(China Beauty Expo)。その会場に密着していた中国トレンドExpressですが、会場を巡りながら気が付いたことがありました。 今回は、そんな今回のCBEで見か…

中国化粧品市場のこれからを探るべく行ってきました「美容博」!

日本企業の多くが注目している中国のコスメ市場。その拡大はとどまることを知りません。その市場に向けて自社商品をPRできる場が中国最大規模のコスメ展示会「中国国際美容博覧会(China Beauty Expo)」。 中国トレ…

電子商務法で爆買いは終わったのか? 施行後初のソーシャルバイヤーイベント、果たして…。

今年1月1日、中国で新しい法律が施行されました。『電子商務法(通称「電商法」)』です。それによって、一部では「日中間に存在しているソーシャルバイヤー(代購)たちは消滅する」という情報が、中国事業を行う日本企業を中心に流れ…

【中国人気商品】 2019年1月~3月、中国消費者が最も「買いたい」日本商品は? ~競争の激しいコスメ・美容市場にも変化が~

2019年1~3月の「買いたい」ランキングを振り返っている中国トレンドExpress。今回は日本企業が最も力を入れ、また中国消費者からの関心の高い「コスメ・美容」セグメントをピックアップして分析します。 同セグメント内で…

【中国人気商品】 2019年1月~3月、中国消費者が最も「買いたい」日本商品は? ~クチコミ件数で見てみよう~

中国市場攻略のためには中国消費者の心の動きを把握することは必要不可欠、ということで2019年1月~3月の「買いたい」ランキングを振り返っています。前回、2019年Q1のTOP20を俯瞰しましたが、今回はその20商品のクチ…

「無条件返品」はどこまで許される? Taobaoアパレル返品騒動に見るEC業界の新たな課題

先月、中国トレンドExpressでは「Taobaoで気軽に買って、家で試して、気に入らなければ返品」といった消費者の声を紹介しました。 これは「7日間無条件返品可」という消費者ルールを上手に使ったケースで、Taobaoの…

【中国消費】貿易戦争もそっちのけ 中国発の「人気おしゃれドリンク」のルーツを探る!?

春も過ぎて、少しずつ夏の気配がし始めている東京。元号が変わり、それに続く米中貿易戦争の騒動もどこ吹く風。中国トレンドExpress編集部には編集Aが例の如くドタバタと駆け込んでくる。 編集A「並んで、並んで、また並んで、…