中国トレンドExpress

プロフィール

中国トレンドExpress 編集長 森下 智史

高校卒業後、約10か月間日本で中国語を学ぶ。1998年2月~上海で学部および大学院(中国古代史)で学ぶ。2005年に卒業後、上海で在留邦人向け情報誌の編集・ライターとして業務。2012年に日系市場調査会社上海現地法人でマーケティングリサーチ(産業調査)業務に携わる。2015年5月、17年間の中国生活に区切りをつけ、帰国。東京で日中間のビジネスコンサルティング業務を経て2018年1月にトレンドExpress入社。現在に至る。​

「令和」まであと少し。 ちょっと気になる、中国消費者は日本の「皇室」「改元」をどう見てるの?

あと半月ほどで「平成」が終わりをつげ、「令和」へと移り変わります。すでに宮中では、この代替わりに関した一連の儀式が始まり、日本の憲政施行以来、初めての退位および新たな天皇の即位が行われます。 こうした日本国内の盛り上がり…

【中国EC商戦】「618」でダブルイレブンの勝敗が決まる③ ~中国商戦で勝つために春から始めるKOL~

中国市場向けプロモーションとして期待されているのが「KOL(Key Opinion Leader)」、すなわち中国におけるインフルエンサーマーケティングです。 このKOLマーケティングは、ECモールの外側・内側で合わせて…

【中国EC商戦】「618」でダブルイレブンの勝敗が決まる② ~618で勝ち、ダブルイレブンでも勝つには消費者心理を知るべし~

中国最大の小売りイベント「ダブルイレブン」。その勝敗が「618」で決まる、ということを前回お伝えしました。今回からはその618で勝つための施策について、その考え方について解説、また次回ではその中におけるKOLの活用などに…

【中国EC商戦】「618」でダブルイレブンの勝敗が決まる① 2019年上半期最大のEC商戦、まもなくスタート

中国の巨大商戦と言えば「ダブルイレブン」ですが、実はダブルイレブンの勝敗が「ダブルイレブンの“外”で決まる」ということはご存知でしょうか。それは中国ECにおける上半期最大のイベント「618」。今回はまずこの618商戦の基…

新元号発表! 中国での反応は? 気になってWeiboを覗いてみたら…。

2019年4月1日11:30過ぎ、日本で「平成」の次の元号が「令和」と発表されました。こうした改元、以前にもご紹介したように、中国でも興味の目をもって見つめられています。新元号発表直後、Weibo上での反応を見てみましょ…

中国キャッシュレス伝説を追う! 「中国で現金は使えない」のウワサは本当かの巻

こんにちは、中国トレンドExpressです。 近年、日本で山のように報道されている「中国キャッシュレスすごいぞ」伝説。確かに変わりました。2015年ぐらいにはタクシー乗っても普通に小銭を探していたものですが、いつの間にか…

【中国消費者権益デー速報】今後の中国市場の発展は? 315中国消費者権益の日特別報道から見る

中国が近年、特に強化を訴えているのが「消費者権益の保護」。毎年3月15日の消費者権益特別番組では、こうした消費者の権益保護のために、摘発の度合いを強めています。そういった中国の消費者保護施策からは中国政府の市場の在り方の…

【越境EC】 上海で聞いてきました! 電子商務法と中国消費者の微妙な関係~後編~

1月から施行された電子商務法。その施行後の様子を消費者目線で聞いてきた上海現地取材。現在は「あまり変わっていない」というお話が聞けましたが、今回はソーシャルバイヤーをどのように見ているのかについて、ざっくばらんな意見を頂…

新元号いかに?改元まであと少し。 元号発祥国の中国では「新鮮さ」に注目

2019年の日本は大きな節目を迎えます。それは「改元」。つまり平成が終了し、新しい元号が使われるということ。それを記念して日本のメディアでは「平成30年間」を振り返る特集が多く組まれています。 日本人にとっては感慨深いこ…

【越境EC】 上海で聞いてきました! 電子商務法と中国消費者の微妙な関係~前編~

年明け以降、日本のメディアでもクローズアップされた中国の「電子法務法」。その法律によって、春節シーズンには日本のメーカーや小売業も一定の影響を受けている様子。またその様子をメディア各社も報道しました。 しかし、施行はされ…