中国トレンドExpress

ダブルイレブン

【mini column】2021年ダブルイレブン。ライブコマースに見る多くの思惑

中国における商戦の花形といえば「ライブコマース」。特に李佳琦や薇婭といった人気KOLを活用してのライブコマースに加え、新たなプラットホームである抖音…

【column】2021年ダブルイレブンは中国エコ消費の転換期たりえるか?

2021年3月、『中国トレンドExpress』上で、中国のサステナブル消費について述べた記事を公開した。その際、筆者は「中国においては、世界的な意識…

【ダブルイレブン分析】 2021年の人気ブランドの変化はいかに

これまでとの全く異なる雰囲気を醸し出していた2021年のダブルイレブン。それでも、T-Mallのオーダー総額は5403億元と、前年比8%の増加を見せ…

5400億元を突破との報道も 静かに過ぎた異例のダブルイレブン

2021年のダブルイレブンが終了した。その様相は例年とは全く違う物であり、Afterコロナにおける最初のダブルイレブンとなった2020年とは異なる意…

【mini column】中国で国民的番組を通じて訴えられる「グリーン社会」~2021年ダブルイレブン前夜祭から

2021年のダブルイレブンが最終日を迎えようとしている。 この日、どうしても見てしまうものがある。 既に春節年越しの『春節聯歓晩会』と同レベルの年間…

2021年ダブルイレブン前半戦終了 その成果は?

早いもので、すでに11月3日を過ぎ、ダブルイレブンも前半戦を終了し、後半戦に移行している。 ここで中間の状況として、一部のリサーチ会社が見ている20…

【column】 転換する中国EC、SNS環境の中で何が求められるのか

今年も中国における最大の商戦「ダブルイレブン」がスタートした。昨年は新型コロナウイルス後の消費動向を見る意味でも重要な商戦だったが、今年は異なる意味…

【column】中国のマーケティングセオリーのこれからを考える

コロナ禍から回復を見せている中国市場は、世界からも注目されている。 もともとプレステージから一般大衆ブランドまで、欧米、日本、韓国、そして急成長を見…

韓国ブランド「Whoo」の人気とは? 2020年W11ダークホースをクチコミ分析

色々な話題を振りまいたダブルイレブンだったが、気が付けば「W12」そしてクリスマスキャンペーン、年を超えれば春節の「年貨節」と気が抜けない。 そんな…

2020年ダブルイレブン総まとめ クチコミから見るAfterコロナの最大商戦

多事多難だった2020年も残りあとわずか。最大商戦であるダブルイレブンが終了し、気たるべき2021年に向けての準備も大詰めになっている時期である。 …