中国トレンドExpress

【中国コンテンツBiz】 中国の教育現場でも元気にはたらく! 細胞さんたちは、国を越えて大忙し~『はたらく細胞』から見る日中文化交流~

可愛い女の子の姿をして酸素を運ぶ、ちょっと間抜けな「赤血球」。それを傍らで見守り、敵とは命がけで戦う「白血球」。幼稚園児のような姿でいながら重要な仕事をこなす「血小板」。さらにはいつの間にか入り込み悪さをする「病原菌」…。

そんな、人間の体内を擬人化したストーリーで大人気となったマンガ・アニメが『はたらく細胞』(清水茜・作)です。

実はこの作品、中国でも非常に高い人気を誇っています。それは若者だけではなく、教育現場や研究機関、そして正規メディアまで、マンガやアニメに関係のない分野まで広がっています。

今回はそんな中国の『はたらく細胞』人気から、日本と中国の文化の違いを考えます。

bilibili動画で公式配信。日本アニメへの逆風も何のその

同作のアニメ版は中国ではテレビ放送こそされていませんが、若者から「B站」として親しまれている動画サイト「bilibili動画」で公式ラインセンスを受けて公開されています(同サイトの会員専用コンテンツに)。

 

公開されているのも全13話およびスペシャル版1話の合計14話。その総再生回数は1億5000万回。作品フォロワーユーザー数605.7万人。さらに52,206人ものユーザーが感想などの書き込みをするという数字が見られます。

bilibili動画では今でも人気トップとなっている『はたらく細胞』

単純にフォロワー数で見ると、同サイト内で次に人気のアニメ『転生したらスライムだった件』が460万人程度、人気と呼ばれる作品でも400万人止まりであることを考えると、同作品の人気度合いがわかります。

 

ちなみに2018年7月ごろ日本のアニメを中心にした一部の青年向けアニメがCCTV(中国中央電視台)に名指しで批判されたことがありました。

中国はまだアニメに対してレイティングシステムがないため、過激な描写などが混じった作品が簡単に閲覧できる状況にあることが問題視されたのです。

その期間、一時的に日本のアニメ閲覧が自粛されましたが、同作品はそうした逆風の中でも、依然として高い人気を保ったことになります。

 

ではその人気を誇る背景について探ってみましょう。