中国トレンドExpress

【中国消費】貿易戦争もそっちのけ 中国発の「人気おしゃれドリンク」のルーツを探る!?

春も過ぎて、少しずつ夏の気配がし始めている東京。元号が変わり、それに続く米中貿易戦争の騒動もどこ吹く風。中国トレンドExpress編集部には編集Aが例の如くドタバタと駆け込んでくる。

編集A「並んで、並んで、また並んで、ようやくゲットしてきました~」

編集長「なんだ、どうした。またアメリカが関税上げたか?」

編集A「違いますよ~。人気のお店でタピオカミルクティー買ってきたんです」

編集長「タピオカ!?」

よく似た2つで勘違いも多発…?

編集長「意外だな、そんなモノが好きだったとは…」

編集A「え~、そうですか?流行ってますよ。なんかホッこりするじゃないですか~」

編集長「まぁ、確かに、ホッとするな…」

編集A「ええ、落ち着きますね~」

編集長「まぁ、落ち着いてるな、確かに…」

編集A「この感触がまたいいんですよね~」

編集長「あの、フサフサの感じがか?」

編集A「え、フサフサ? プチプチじゃないんですか? ってか、わかってます?」

編集長「もちろんだ。しかし意外だった。お前がそんなにげっ歯類が好きだったとはな~。ハムスターとか飼ってるのか?」

編集A「げっ歯類?!」

編集長「まぁ、世界最大のネズミともなると、人気者になるな。どっかのパークでは柚子湯とか入ったりしてるもんな」

編集A「編集長、それって、もしかして、その~、カピバラのこと言ってません?どんだけ使い古されたネタ言ってるんですか?」

編集長「違うのか?」

編集A「全然違いますよ。タピオカです、タ・ピ・オ・カ! これですよ、タピオカミルクティー!!!」

これはタピオカミルクティー

これはカピバラ柚子湯浸かり

編集長「並べて見ても見分けがつかんな」

編集A「(この場合、紹介するべきは眼科?脳外科?)」