越境EC

中国越境EC市場規模は?

市場規模が90兆円をこえ世界最大のEC市場です。

中国越境EC 始め方は?

  • 自前でECサイトを構築する方法
  • 中国ECモールへの自前出店方法
  • 中国ECモールへの委託出店方法
  • 中国ECモールの越境ECカテゴリーへの出店する方法

弊社サービスでは、日本にいるソーシャルバイヤーやKOL経由で越境ECが始められます。
越境EC X(クロス) | ローリスクで中国越境ECに参入

越境ECの資料ダウンロード

中国越境EC市場の魅力と攻め方 〜爆買いを誘発するソーシャルバイヤー〜 爆買い誘発の鍵は「ソーシャルバイヤー」が握っている⁉本資料ではこの「ソーシャルバイヤー」に焦点をあて、企業がいかに「爆買い」を誘発させるかを紹介します。 ・中国越境EC市場の魅力 ・中国越境EC市場の攻め方 ・越境EC失敗事例成功事例

こちらからダウンロードできます。
中国越境EC市場の魅力と攻め方

カテゴリ:越境EC

【越境EC】潜入! 日中越境ECを動かす 日本在住ソーシャルバイヤーたちの祭典(2)

季節外れの暑さに見舞われた4月末、都内某所で行われた日本在住ソーシャルバイヤーたちのイベントに潜入した『中国トレンドExpress(略称:CTE)』編集部。引き続き、その中で語られたソーシャルバイヤーの実体をお届けします…

【越境EC】 潜入! 日中越境ECを動かす 日本在住ソーシャルバイヤーたちの祭典(1)

季節外れの暑さに見舞われた4月末、都内某所に日本在住のソーシャルバイヤーたちが集まるという情報をキャッチした我々『中国トレンドExpress(略称:CTE)』編集部。さっそく会場に潜入し、日本で活動するソーシャルバイヤー…

越境ECの最新動向からソーシャルバイヤー活用法まで 新たな中国市場アプローチを語るセミナー現場リポート(3)

中国越境ECの最新動向を伝えるトレンドExpressのセミナー。第二部では上海趣買信息技術有限公司(PP Buyer)Founder and CEOの胡志栄氏をお招きし、中国越境ECにおいて、日本企業にとっては未知の存在…

越境ECの最新動向からソーシャルバイヤー活用法まで 新たな中国市場アプローチを語るセミナー現場リポート(2)

4月18日に行われた中国越境ECの最新動向を伝えるトレンドExpressのセミナー。100人もの来場者がしたこのセミナー、第二部では上海趣買信息技術有限公司(PP Buyer)Founder and CEOの胡志栄氏をお…

越境ECの最新動向からソーシャルバイヤー活用法まで。新たな中国市場アプローチを語るセミナー現場リポート(1)

越境EC。すでに説明の必要もないほど定着したこのビジネスですが、そこで成功を収めている企業というのはまだまだ少数。そうした越境ECの悩みを解決するセミナーが4月18日、株式会社トレンドExpressで行われました。 今回…

【中国越境EC】2017年618から学ぶ、中国ECイベントの戦い方 ~欧米化粧品ブランド編~

中国2大ECフェスティバルの1つ「618」まであと2か月余り。すでに多くの企業が618にターゲットを合わせ、プロモーション戦略を策定しています。今回はその事例として、2017年の618から化粧品業界の施策事例をお届けしま…

【越境EC最前線!】第5回 ~正しい越境EC運営してますか? 抑えるポイントとは(1)~ 株式会社unbot

お話:福積亮 株式会社unbot General Manager インタビュアー:株式会社トレンドExpress代表取締役社長 濱野智成 ますます重要視されつつある中国市場。そしてその中国市場に「手軽に」進出できるといわ…

【越境EC】中国EC商戦の戦い方④ 発信力と販売力。新たな道を示すソーシャルバイヤーたち

消費者の信頼によって成長している中国の「ソーシャルバイヤー」たち。同時に中国で拡大を続けるKOLプロモーション。現在、この両者と既存の越境ECチャネルが組み合わさることで、より多角的な消費者アプローチが可能になっています…

【越境EC】中国EC商戦の戦い方③ 信用がイノチ! 知られざるソーシャルバイヤーの世界

中国市場向け販売チャネルとしてますます注目されている「越境EC」。多くの企業が悪戦苦闘していますが、そのなかで注目されているのが「ソーシャルバイヤー」。いわゆる「爆買い」の火付け役ともなった彼らは、その登場から現在に至る…

【越境EC】「618」中国EC商戦の戦い方② 中国ECはLove Live! KOLとの切れない関係

前回、まもなく訪れる「618」についてご紹介しました。今回は越境EC市場で存在感を放つ、消費者アプローチについて考察してみたいと思います。それは「ライブ」。2017年はEC×ライブの動きが急加速していった年となったのです…

...2345...
Page Top