越境EC

中国越境EC市場規模は?

市場規模が90兆円をこえ世界最大のEC市場です。

中国越境EC 始め方は?

  • 自前でECサイトを構築する方法
  • 中国ECモールへの自前出店方法
  • 中国ECモールへの委託出店方法
  • 中国ECモールの越境ECカテゴリーへの出店する方法

弊社サービスでは、日本にいるソーシャルバイヤーやKOL経由で越境ECが始められます。
越境EC X(クロス) | ローリスクで中国越境ECに参入

越境ECの資料ダウンロード

中国越境EC市場の魅力と攻め方 〜爆買いを誘発するソーシャルバイヤー〜 爆買い誘発の鍵は「ソーシャルバイヤー」が握っている⁉本資料ではこの「ソーシャルバイヤー」に焦点をあて、企業がいかに「爆買い」を誘発させるかを紹介します。 ・中国越境EC市場の魅力 ・中国越境EC市場の攻め方 ・越境EC失敗事例成功事例

こちらからダウンロードできます。
中国越境EC市場の魅力と攻め方

カテゴリ:越境EC

【越境EC】中国EC商戦の戦い方④ 発信力と販売力。新たな道を示すソーシャルバイヤーたち

消費者の信頼によって成長している中国の「ソーシャルバイヤー」たち。同時に中国で拡大を続けるKOLプロモーション。現在、この両者と既存の越境ECチャネルが組み合わさることで、より多角的な消費者アプローチが可能になっています…

【越境EC】中国EC商戦の戦い方③ 信用がイノチ! 知られざるソーシャルバイヤーの世界

中国市場向け販売チャネルとしてますます注目されている「越境EC」。多くの企業が悪戦苦闘していますが、そのなかで注目されているのが「ソーシャルバイヤー」。いわゆる「爆買い」の火付け役ともなった彼らは、その登場から現在に至る…

【越境EC】「618」中国EC商戦の戦い方② 中国ECはLove Live! KOLとの切れない関係

前回、まもなく訪れる「618」についてご紹介しました。今回は越境EC市場で存在感を放つ、消費者アプローチについて考察してみたいと思います。それは「ライブ」。2017年はEC×ライブの動きが急加速していった年となったのです…

【越境EC】中国EC商戦618の戦い方① 618を618のみと見るべからず

近年は日本でも注目されている中国EC市場。とはいうものの、日本のマスコミがこぞって報道しているのは毎年11月11日のいわゆる「双十一(W11)」です。しかし中国でそれに匹敵するほどの注目を集める商戦が6月にやってきます。…

越境EC最前線!第4回 ~中国政府の規制の行方は? 今後の越境EC市場(2)~日本貿易振興機構

草場歩―ものづくり産業部・生活関連産業課課長代理 今回も引き続き日本貿易振興機構(JETRO)ものづくり産業部・生活関連産業課の草場歩課長代理にお話を伺っていきます。 前回は越境ECに対する日本企業の現状と、中国側の体制…

【越境EC】第3回 ~中国政府の規制の行方は? 今後の越境EC市場(1)~日本貿易振興機構(JETRO)

草場歩-ものづくり産業部・生活関連産業課課長代理 近年の越境EC市場の盛り上がりによって、多くの日本企業が参入しています。しかし同時に越境ECに関して「興味があるけれど、慎重にならざるを得ない」という日本企業はまだ多く存…

【越境EC】第2回 ~ワールドカップで勝てる商品ですか?~株式会社アイディール

小林淳―株式会社アイディール 代表取締役 中澤吉尋―株式会社トレンドExpress取締役 越境EC市場の現場で活躍する方々にお話を聞いていくこのコーナー。前回に引き続き、株式会社アイディール・代表取締役社長の小林淳氏およ…

【越境EC】第1回 ~変わる中国、変わる消費者、変わらぬ“売り方”~株式会社アイディール

小林淳―株式会社アイディール 代表取締役 中澤吉尋―株式会社トレンドExpress取締役  すでに説明もいらないほど定着した「越境EC」という言葉。以前よりも手軽に中国にモノを売り込む手法として一躍注目を集め、数多くの企…

ブラックフライデーと双十二振り返り~11,12月のECイベント

多くの最高記録を打ち立てたダブルイレブン(双十一)のあとも、ブラックフライデーや双十二とイベントが続く中国EC。今回はその様子を振りかえるとともに、11、12月のEC関連イベントをまとめます。 目次1 年末年始は「海淘季…

【双十一】2017年中国ダブルイレブン振り返り(後編)スキンケア、アパレル、スマホ売上ランキングとSNS上の消費者の声

前半では、様々なセールの模様をご紹介しました。 【双十一】2017年中国ダブルイレブン振り返り(前編)キャンペーンは手を変え品を変え、従業員の採用枠発表も 後半では、ダブルイレブンの実際の売上ランキングと合わせて、SNS…

...2345
Page Top