【セミナーレポート】中国市場攻略の第一歩!SNS活用事例~中国SNS運用の胆とは~(3)微信(WeChat)企業アカウントで記事配信! 二つの形式

中国市場攻略の第一歩!SNS活用事例~中国SNS運用の胆とは~(2)では企業の中国SNS運用における失敗例を見てきました。本記事では微信(WeChat)の企業公式アカウントでの記事配信の基礎知識と心構えを取り上げます。

微信(WeChat)企業公式アカウント

微信での企業アカウントについての基本情報です。企業アカウントには、閲覧アカウントとサービスアカウントの二種類があります。2017年5月現在、アカウントの開設は中国資本の企業でないとできないことに注意が必要です。

閲読アカウントは配信回数に制限がない代わりに、「閲読サービス」のアカウントに集約されて配信されポップアップもないので、読者から主体的にアクセスしてもらわないと読んでもらえません。

 

【閲読アカウント】

閲読アカウントにおけるスマートフォン画面キャプチャ

赤枠のトークををタップすると、以下のように画面が開きます。

閲読アカウントにおけるスマートフォン画面キャプチャ

 

一方で、サービスアカウントであれば、友人と同じところに並びます。アプリを立ち上げた時に会話の一つとして並びますし、「未読」のバッチもつくので開かれる可能性もあがります。ただし配信回数は月に四回までと限定されています。

Page Top