中国トレンドExpress

【セミナーレポート】中国市場攻略の第一歩!SNS活用事例~中国SNS運用の胆とは~(2)微信(WeChat)と微博(Weibo)、よくある失敗例

中国市場攻略の第一歩!SNS活用事例~中国SNS運用の胆とは~(1)では、中国でSNSがいかに重要なポジションを占めているかを確認しました。本記事では中国で圧倒的シェアを持つSNSである微信(WeChat)と微博(Weibo)についてみていきます。

微信(WeChat)と微博(Weibo)の最大の違いは、利用目的とアカウントに対する意識!

まずはそれぞれのSNSのユーザーの「利用目的」を見てみましょう。「図解中国トレンドExpress」Vol.77で調査したところ、以下のような結果が出ています。

グラフ:Wechat利用目的シェア分布:仲間との交流としう内向きなコミュニケーションがWechatの特徴

図:徴博利用手目的シェア分布:開かれた外に向かっての情報収集や発信、シェアが微博の特徴

 

微信(WeChat)は「中国版LINE」といわれるように、クローズドで友人とのやりとりに使われるツールです。友人や知人との交流を目的とした利用が8割に上ります。

一方で微博(Weibo)はニュースや情報の収集に使われています。情報収集のためにアクセスされるSNSなのですから、情報の拡散に適していると言えるでしょう。

企業のアカウントは、微信は1:1の、微博は1:Nのコミュニケーションであることを理解して発信、ファンと交流する必要があります。