【特集】キャッシュレス時代を読み解く!中国モバイル決済基礎&最新事情(2) ~いまさら聞けないWeChatPay&アリペイの仕組み~

さて今更ですが中国のモバイル決済の仕組みについてみてみましょう

基礎情報

TencentPay(財付通)

財付通はテンセントグループのオンライン決済サービス提供のためのプラットフォームです。テンセントが運営する「WeChat」「QQ」のチャットサービスに付随する決済機能「WeChatPay」「QQウォレット」を扱っています。

【支払い口座は?】
「WeChatPay」や「QQウォレット」を用いた決済は、銀行口座またはクレジットカードとアカウントを紐づけて行われています。

【支払い機能を有効にするには?】
「WeChatPay」の機能はインストールした「WeChat」のアプリに最初から備わっていますが、誰かに送金したり、残高を補充したり、中にチャージされている金額を店頭で利用したりするためには「実名認証」を登録する必要があります。実名認証には中華人民共和国の国籍は必要ありませんが、「中華人民共和国の身分証」が必要とされていますので、外国籍の場合は居住者や留学生などが対象となると考えられます。

カード登録、身分証の認証メニュー

▲カード登録、身分証の認証メニュー

また、法人アカウントでこの機能を有効にするためには、上記とは異なる手順が必要となります。

参考:ビジネスユーザー向けWeChatPay機能(アプリ)の申し込みについて(テンセント) 中国語

【支払いでの利用方法】
アプリを立ち上げた右上メニューから「QRコードのスキャン」を選択しカメラを起動、そのまま店頭のQRコードを読み取り、支払金額を入力、送金することで登録したキャッシュカードの銀行口座またはクレジットカードからの支払いが完了します。

QRコードのスキャン(WeChat)1

 

QRコードのスキャン(WeChat)2

▲QRコードのスキャン画面(WeChat)

Alipay(支付宝)

特集(1)ではアリババ・グループのアントフィナンシャルが運営する「アリペイ」が決済額で市場占有率トップという結果がありましたが、こちらのサービスもWeChatPayと同じく、アプリを立ち上げてメニュー画面の「Scan」の機能で店頭のQRコードを読み取り送金金額を入力、送金することで登録したカードからの支払いが完了します。

また金額が大きくなる場合には設定した6桁のパスワードを入力する必要があるなど、不正使用を防ぐためのセキュリティ設定があります。

Page Top