【特集】キャッシュレス時代を読み解く!中国モバイル決済基礎&最新事情(3) ~キャッシュレスが生み出す新たな店舗の形~

キャッシュレス時代の中国でのモバイル決済の広まりをお伝えしてきましたが、いつも「トライアンドエラー」の中国ではすでにその先の技術が市場に登場し始めています。

先週、日本のメディアでも中国の無人コンビニや「タオカフェ」についての報道を目にした方も多いのではないでしょうか。それぞれどんなシステム、試みなのでしょうか? 現地報道から情報を集めてみました。

※記事中の人民元は1元=16.5円で換算

「スタッフレス」時代の到来

無人コンビニ「缤果盒子」

無人コンビニサービスは「缤果盒子(BingoBox)」の名称で、OtoOで有名な「缤果フルーツ」により開始されました。24時間営業で、中型と大型のコンテナ型の店舗(Box)を商品のラインナップに揃えています。

入店、利用するためには、QRコードを読み取り、BinguoBoxのパブリックアカウントをフォロー、携帯電話の番号を入力し届いたコードを入力します。これで利用者の登録は完了です。二回目以降はQRコードを読み取るだけで入場できます。支払いはWeChatPay、アリペイ、そして専用のアプリが利用可能で、出店前にレジで提示されるQRコードを読み取り支払いをします。商品を購入しなかった場合は出店用のQRコードを読み取れば退出可能です。

報道によれば、昨年8月にはすでに広東省中山地区でサービスを開始していたそうですが、今年6月にふたたび上海に登場しました。CEOの陳氏によれば、BinguoBoxのコストは一般の有人コンビニの八分の一、家賃や光熱費を含め、ひと月のランニングコストは2,500元(約41,250円!)以下におさまるそうです。コンテナ型の店舗設営なので、設営費用や賃料といった面でコストダウンを図っていることが考えられます。

BinguoBoxは昨年の夏以降すでに数万のユーザーに利用され、盗難事件はゼロ件、リピート率は85%に上るとの公式資料もあり、この一年で5,000件の出店を目指すそうです。

アリババグループの「タオカフェ」

「タオカフェ」は、「天猫」「タオバオ」を運営するアリババが杭州市で開催したイベントにおいて、次世代キャッシュレス店舗のコンセプトカフェとして開設した店舗です。コンセプトカフェのためまだ実店舗は存在しません。

Page Top