【セミナーレポート】China Beauty(1)~中国美容市場、計り知れぬ成長の余白~

中国トレンドExpressにて、月に一度開催している中国向けマーケティングセミナー。今回は8月開催の「China Beauty 中国の美容ニーズを動かす法則と最新事例セミナー」のサマリーをお届けします。

本セミナーは、当社事務所での普段の開催とは少々趣を変え、銀座ラシックアンジュールを会場に選定いたしました。「美容」への感度を高めていただけるモダンな空間で、デザインの細部にまでこだわったスイーツとドリンクを楽しんでいただきながら、中国美容業界における最新マーケティング事情について、講演いたしました。

登壇いただいたのは、当社戦略パートナーである雲遥互動科技社のPJ氏。同社は中国最大の美容アプリとして急成長を遂げているアプリ「抹茶美粧」の開発、運営をしています。

その額”8千億”元! 中国化粧品の総売上額予測

少子化高齢化が叫ばれて久しい日本において、人口減少は顕著であり、今後は国内需要のみならず海外の需要に目を向けることは当然の流れでしょう。その中でも中国は、日本の10倍もの人口を有し、経済成長著しく世界中から着目されている巨大市場であることはご存じのとおりです。

今回のセミナーで、そんな中国の美容市場にフォーカスする理由は、中国の中でも強大なポテンシャルを秘めている市場だからに他なりません。

現状の市場規模成長性を見てみましょう。

 

図:2011年~2018年中国化粧品総売上額

 

2015年の中国化粧品小売売上総額は4844億元(およそ7.9兆円)にのぼり、2018年までにこの規模は8千億元(13.6兆円)を超えようかと言われています。現在の日本の美容市場規模、2.4兆円と比べても、その差は歴然です。また成長率も、相対的に鈍化しているとはいえ年間20%以上と予測されています。

Page Top