中国トレンドExpress

越境ECで爆売れ!トレインの「アームカバー」の陣(1)~「女の欲望」に火をつけた成功事例~

中国トレンドExpressで月に一度開催している中国向けマーケティングセミナー。9月は「越境ECインバウンドでアームカバーが爆売れ!-中国人の「女の欲望」に火をつけたブランディング施策の極意とは-」を開催しました。

当日はゲストに株式会社トレイン代表取締役の長谷川康之氏をお迎えして、約1時間半のパネルディスカッション形式で、中国越境EC市場で大ヒットとなった「女の欲望」ブランドの「COOL&UVアームカバー」シリーズの成功例をご紹介しました。

本シリーズでは、会員の皆様限定で内容を特別にレポート形式でお届けします。本成功例から見えてくる、中国市場との付き合い方、そして売り上げ向上のためのPR施策についてここだけの情報がもりだくさんです。ぜひ全編お目通しください。

今回のセミナーはトレンドExpressの代表取締役である濱野が司会を務めさせていただきました。冒頭1節では、同日濱野がプレゼンしました「これからの日本市場、中国市場」についての簡単なまとめ、その後トレインの歴史や今回の施策の概要と結果をご紹介します。

想定されるリスクを乗り越える施策を

日本はこれからの人口減少に伴う内需縮小が見込まれています。海外からの需要を取り込み、経済活動を活性化させていくことは国としての課題でもあります。

しかし現状では、日本国内の内需が安定していることから、多くの日本企業の広告予算、事業の優先順位等が未だ国内中心になっています。ですが今後、世界を相手にする日がいやおうなしにやってきます。その日に備え、外需取り込みへシフトするための経験が求められています。

そんな中、これからもますます需要が拡大していくであろうと目されているのが、中国です。

日本の10倍もの人口を抱え、経済成長著しいこの大国に世界中の関心が向けられている今、日本企業としても手をこまねいているわけにはいきません。欧米に比べて地理的に近いといった地の利や、日本文化がすでに消費者から受け入れられている点を活かして、戦略的にアプローチしていく必要があります。

特にECサイト市場は、諸外国と比べても中国市場が規模も成長性も圧倒的大差を誇っており、日本からの中国向けEC市場も急速な成長が見込まれています。(下図)

 

 諸外国のeコマース市場の規模と成長性

諸外国のeコマース市場の規模と成長性

出典:総務省「IoT時代におけるICT産業の構造分析とICTによる経済成長への多面的貢献の検証に関する調査研究(平成28年)」

 

日本からの中国向け越境EC市場(物販)

日本からの中国向け越境EC市場(物販)

出典:富士経済「中国向け越境EC市場の実態と今後 2016」

 

しかしその市場の巨大さ、また日本との種々の相違点などから、実際に中国市場を手中に収めることは簡単ではなく、早々に撤退、などの失敗例があることも事実です。

時に難攻不落の体を見せる中国市場ですが、モノに出来る一手を打ち出したメーカー、それが株式会社トレインであり、中国人消費者の心をつかんだのが同社の『女の欲望 COOL&UVアームカバー』です。

同商品は中国の越境ECサイトで販売後、爆発的なヒットを記録し、在庫30万個が完売。「売り切れ大王」とあだ名がつけられるほどのブームを巻き起こしました。