iPhone8が人気奪還できない3つの理由 ~ユーザーにとって最重要機能は○○、中古市場の発展も~

2017年9月22日、中国でもiPhone 8/iPhone 8 Plusが販売開始しましたが、ほどなくバッテリーの不具合によるiPhone 8 Plusのバッテリー膨張のニュースに見舞われ、幸先の悪いスタートを切ることになりました。

中国のiPhone8の販売は、予約の段階ではそこそこ高い評判を得ていたようですが、北京商報網によれば販売から1か月も経たないうちに一部の販売店での価格が5,888元(約10万円)から5,378元(約9万円)となり、早くも値下げされているようです。(1元=17円で換算)

このような報道からもだいぶ苦戦を強いられている様子がうかがえます。ネットではデザインや性能の代わり映えのなさが指摘されていますが、以下のような中国独自のスマホ事情も関係しているとみられます。

中国と世界のスマホ市場、比率には政治動向も影響

世界市場でのiPhoneの高い人気と比べ、中国スマホ市場におけるiPhoneの存在感はiPhone 8発売前から弱まりつつありました。

以下の図は、世界と中国のスマホ市場におけるメーカー別シェア(2016年)です。世界市場を席巻するサムソンですが(図1)、THAAD配備に伴う政治的摩擦等を背景とし、中国市場ではトップ5にすら入っていません。

代わりに、OPPOHUAWEIといった中国自主ブランドの健闘が目立ちます。こうした中、アップル社のシェアも中国自主ブランドに押され第4位という地位に落ち着いています(図2)。

図1                    図2

世界スマホ市場メーカー別シェア(2016年)・中国スマホ市場メーカー別シェア(2016年)

グラフ出典:
Top 3 Chinese Smartphone Vendors Grab Nearly Half of China’s Market in 2016, says IDC
Apple Tops Samsung in the Fourth Quarter to Close Out a Roller Coaster Year for the Smartphone Market, According to IDC

iPhoneが中国市場で差別化できない3つの理由

では続いて、中国市場におけるAppleの「iPhone」が下押ししている要因をいくつか挙げてみます。

(1)中古市場の発展

中国では「回収宝」のような大規模な中古品取引業が発達してきており、大都市のみならず小規模都市にもその市場は広がっているそうです。Appleの新製品の発売時には、旧モデルが一斉に中古市場に出回ることになります。

2016年のiPhone7の発売に際しては、「回収宝」におけるiPhoneの取引高は300%にも上ったと言われています。中国のApple のファンは、iPhoneはiPhoneでも新製品ではなく価格的に買いやすい型落ちを狙うようになっているのかもしれません。

(2)国内ブランドの成長とiPhone自体の陳腐化

かつては中国で、iPhoneを所有することはステータスシンボル」という時代がありました。中間層の拡大により、成功のシンボルとしてiPhoneの需要が高まりました。

こうして販売が伸びていった結果、みんながみんなiPhoneを所有する時代が到来し「みんなと差をつけるアイテム」としての特殊な付加価値が薄れていったようです。その一方でHUAWEIはそれなりの高級ブランドとして認知されつつあるという現状があります。

(3)「アップルのiOS」に対するこだわりが意識されない主要アプリ陣

中国でスマホを使う場合に一番重要な機能はWeChatで間違いないでしょう。中国人はこのアプリで友人との連絡のみならず、店頭での決済にも利用しています。WeChatまたはAlipayのアプリをスマホ上で起動し、画面上のQRコードを用いて行う決済は、中国の各所で目にするもので、日本の生活からは比較にならないほどの普及度合です。

こういった生活環境から、中国人のスマホユーザーにとっては、必需品としてのWeChatが使えることが、利用するスマホにおいて最も重要な機能として認識されています。そのOSがiOSであろうとアンドロイドであろうとあまり差を感じないというわけです。

巻き返しなるか 11月に待つiPhoneXの販売

見てきたように、中国市場ではiPhoneの相対的な魅力の低下が起きており、そんな中での新製品発売、重ねてバッテリーの問題が発覚するなど、まさに泣きっ面に蜂のスタートとなったようです。

中国で最大のアプリといえばWeChatで、そのMAUは約9億人となっています。この数字からも中国のスマホマーケットの大きさは明らかで、世界を相手にするスマホメーカーにとっては無視できない市場でしょう。Appleは今後どんな策で中国市場でのiPhone人気の奪取への道筋を描くのでしょうか。今月末予約開始、来月販売となるiPhoneXの中国での評判もチェックしたいところです。

参考:
iPhone 8价格“破发”(出典:北京商报网)中国語
新iPhoneの登場を待ち構える中国のリサイクル市場(出典:The Bridge)
高額設定のiPhone X、国により価格にばらつき ロシアが最も割高(出典:Japan Forbes)
iPhone 8 Plusにバッテリー膨張問題が勃発、Appleは調査を開始(出典:GIGAZINE)

より詳しい中国情報はこちら
トレンドViewerログイン(会員専用)
Page Top