中国トレンドExpress

【セミナーレポート】中国事業のチャンスとリスクを徹底解剖!(1)China UPDATE~2017年の中国を知ろう~

中国トレンドExpressにて、月に一度開催しているセミナー。

今月11月は「中国ビジネスの裏側に迫る! 14億人市場に秘められたチャンスとリスクを徹底解剖! ~越境EC参入や中国サイバーセキュリティ法の最新情報を大公開~」と題し、ゲストに株式会社クララオンラインの家本賢太郎社長をお迎えしました。司会は当社代表取締役・濱野智成が務め、約90分間のパネルディスカッション形式でお送りしました。

中国経済、ネット社会、EC市場の発展著しい昨今、この巨大市場を見据えて進出する日系企業も多くあります。しかし、中国は怖い、イメージが悪いといった観点から二の足を踏んでいるところも少なくありません。

メディアの記事は、誤訳や、古い中国のイメージから脱却できていないが故の印象操作的な結論が多く、日本語訳されたこれら中国ニュースを読んでいるだけでは中国市場の本質が理解できません。中国の現実と、日本での理解にやや乖離が見えるのはこの辺りが原因ではないかと思われます。

今回のセミナーで、家本社長は、「中国市場に向けて、正しくリスクと可能性の両面を見ていただいたうえで、何をつかむか、切り取るべきかのヒントにしてほしい」と言います。中国で成功する企業、また失敗する企業にはそれぞれどういった特徴があるのか、成功のチャンスとリスクとは何かについて詳しくお話を伺いました。

この記事では、会員の皆様限定にて、本セミナーの内容をお伝えしたいと思います。

登壇者の紹介

株式会社クララオンラインは、家本賢太郎氏が中学卒業後の1997年に創立した、アジアにおけるインターネットサービスのプラットフォーム事業とコンサルティング事業を軸とした会社です。

当初はサーバホスティングを主としていましたが、インフラのみならず、様々な方面から日系企業のクロスボーダービジネスを支援しようと、後にコンサルティング業務が導入されました。この他、スポーツITソリューションや貿易・輸出代行など様々な分野で日系企業を多角的にサポートしています。

2006年に中国へ初めて進出しましたが、実は、1年半ほどで撤退を経験されています。

家本社長はこの経験を活かし、現在は日系企業への中国におけるインターネット・モバイル領域のコンサルティング、事業展開支援やリスクマネジメントを担当しています。「中国でビジネスを始めるなら一度会いに行くべき人」ともいわれています。

中国市場・2017年はどんな年?

10年ひと昔、とは言いますが、今の中国の都市は2、3年離れてしまうともう戻った時にはまったく別の街になっています。そこでまずは、今年の中国を語るうえで外せない、代表的ないくつかの例を以下に挙げていきます。