中国トレンドExpress

【セミナーレポート】双十一の振り返りと2018年春節対策(1)~2017年双十一の5つの特徴

中国トレンドExpressで月に1度開催しているセミナー。

12月は当社代表取締役濱野智成がプレゼンターとして登壇し、2017年の締めくくりとして、中国最大のECサイトイベント《双十一》を振り返りました。

そして今後、2018年のインバウンドマーケティング、ECサイト市場において日本企業がどう闘い、どうプロモーションを行なうのか。次の商戦での売り上げに繋げるための戦略について、中国市場で成功を収めた企業の事例を基にお話いたしました。会員様限定でお送りしている本記事では、このセミナーを詳細にレポートします!

そもそも《双十一》(ダブル・イレブン)とは?

11月11日は、「1」が4つ並ぶことから、「光棍節(独身の日)」と中国人の大学生や若い世代の間で呼ばれるようになりました。公式な祝日ではなく、自然発生的に始まったイベントで、その後、独身パーティーやお見合いの開催、プレゼントを贈る文化が醸成されていきました。そして、この文化に目を付けた阿里巴巴(アリババ)社が、2009年に仕掛けた自社のECサイト販促イベントこそ、中国最大のECイベントと言われる《双十一》です。