【訪日中国人】桜が大好きな中国人 2018年2月21日~2月27日〇〇したい口コミランキング

トレンドExpressでは、一週間の中国ソーシャルメディアでの日本関連書き込み総件数の推移、および日本で「行った」「買った」「食べた」「買いたい」「したい」と言及されている投稿の件数を毎週集計しランキング化しています。また独自集計によるECサイト人気日本商品ランキングも週次で公開しています。
今週の【週次ランキング解説】は2018年2月21日~2018年2月27日の日本で〇〇したい口コミ数ランキングを見ていきます。

2018年2月21日~2018年2月27日の日本で〇〇したい口コミ数ランキング

今年も桜前線に合わせて多数の訪日外国人が!

2月下旬、まだまだ寒さを感じるこの時期でしたが、「○○したい」ランキングに10位以下ながらランクインしたのは「桜がみたい」です。昨年同様、2月中旬ごろからランクを上げてきています。

近年の訪日外国人客は、春夏秋冬・日本の四季の風景を楽しみに訪れる傾向がみられます。春の桜の時期には、毎年多くの訪日外国人が満開の桜を目当てに、全国の桜の名所を訪れています。先日、民間気象事業者各社による桜の開花・満開予想が発表されましたが、これらの情報は待ってましたとばかりにリアルタイムで中国語に翻訳され、SNS上であっという間に拡散されました。

「桜が見たい」の口コミキャプチャ1

「桜が見たい」の口コミキャプチャ2

日本での「桜前線」発表がリアルタイムで中国に伝えられる

訪日外国人に特に人気が高い桜の名所は東京、京都、青森でしょう。
青森の弘前城の桜は、訪日外国人が殺到する桜の名所として日本で紹介され国内で有名になった、いわゆる逆輸入の桜の名所でもあります。また4月の中国からの花見シーズンを避けていくという中国人も少なくありません。
近年では、訪日外国人らによって、我々にとって当たり前過ぎて気づかなかった日本文化の良さや日本の名所を教えてもらうことも増えてきています。

訪日中国人に人気、京都のお花見事情

現在、訪日中国人の桜見物は、主に開花・満開時期を見越してツアーを組んだ団体旅行と、桜前線に合わせて名所を訪れる個人旅行の2つに分かれています。

一年を通じて訪日外国人に人気の京都も、桜の時期は国内外から多くの桜見物者が訪れ、街は「ごった返し状態」となります。ハイヤー手配を行なっている業者に、今年の予約状況など話を聞いてみました。

「例年、桜の時期はどの会社も満車。特にこの数年は、訪日外国人の利用が圧倒的に増えており、旅行会社がまとめて複数台を押さえて、桜見物の手配を行なっています。随分前から、桜の開花時期を見越して予約が入りますので、直前の個人予約は難しいと思われます。ただし、今年は開花予想が例年より早いため、咲き始めの3月下旬〜4月上旬は小・中型車には若干の空きがあります。しかし、ワゴン等の大型車、ハイクラス車種はすべて満車で、4月中旬はほぼすべての車種で満車ですね。」

京都を訪れた訪日外国人の感想として、「京都の桜は圧倒的な美しさ」「まるで絵画!」という賛辞がある一方で、京都市内では観光客増加とともに、渋滞や各所の混雑が深刻で、十分な見物ができず、「桜は綺麗だったけど、国慶節の観光地並の混雑で疲れた」「桜ではなく人を見に来た感じ」などの不満の声もあがっています。尚、東京での感想をみてみると、「桜の下でお弁当を食べたい」「日本人は桜より宴会に夢中(苦笑)」といった、「お花見」に興味を持った感想が多かったのが印象的でした。

春の桜の時期に合わせて、わざわざ遠くから訪れる訪日外国人たちに桜やお花見文化を存分に楽しんでもらうためにも、我々もルールを守って、よりよい環境を提供していきたいものです。


日本で買いたいモノ(商品)に体験したいコト(体験)、中国トレンドExpressなら毎週ランキング形式でお届けしています!

日本で「買った」「買いたい」「食べた」「行った」「〇〇したい」のクチコミランキング1週間分をすべて差し上げています!

また有料レポートサンプルとして、2017年の花見動向振り返り号をプレゼント!2018年の動向予測にお役立ていただけます。

より詳しい中国情報はこちら
トレンドViewerログイン(会員専用)
Page Top