【ダブルイレブン】 W11(独身の日)化粧品部門3年連続売り上げNo1 の中国ブランドPR戦略とは

8月も間もなく終わり。学生であれば「新学期」への準備が必要ですが、中国市場を目指すメーカーにとっては、勝負の日「W11(ダブルイレブン 中国名:双十一)」への準備を本格的に開始する時期でもあります。

そのW11、主戦場となっているのはもちろん「T-Mall(天猫)」であり、中でも化粧品市場は日本ブランドも数多く進出している激戦区として知られています。その「W11 T-Mall化粧品」セグメントで、2015年~2017年、3年連続でトップに輝いた企業があることをご存知でしょうか?

2017年のW11では、T-Mallにおいて1日で「2.94億元(約47億円)」を売り上げ、同モール内における化粧品1位となりました。

同ブランドのメーカーは上海百雀羚日用化学有限公司。1931年に上海で誕生した、80年以上の歴史を持つ老舗ブランドです。

もともとは上海富貝康有限公司がドイツの技術を導入し、中国では最初期の「スキンケア商品」を生産販売したことに始まります。当時は中国国内だけではなく、東南アジアへも輸出され、中国内外の貴婦人のステイタスとなっていました。

現在は20代~30代をターゲットに、漢方の基礎理念となっている「草本」と呼ばれている天然素材を使用したスキンケア・コスメを販売。女優のリー・ビンビン(李冰冰)や歌手のジェイ・チョウ(周傑倫)をイメージキャラクターに起用するなどで話題を呼んでいます。

そんな同社、2017年には夏を中心に多くのプロモーションを展開。話題となり、売り上げに大きく寄与したと言われています。

その同社が2017年に行ったプロモーションを見ていきましょう。


W11(独身の日)プロモーション支援資料ダウンロードはここから


 

Page Top