【越境EC】ソーシャルバイヤーと日本メーカーの熱い夏! 再考・日中ビジネスの担い手

8月25日、都内某所には約200名もの人たちが集まっていました。集まったのは「ソーシャルバイヤー」。かつては爆買いの火付け役と言われ、現在は中国に向けて中国消費者の求める日本商品を送り出すという存在です。

今回はそんなソーシャルバイヤーの熱気に包まれたイベント「JAPAN GOODS EXHIBITION」の現場から、改めてソーシャルバイヤーについて考えてみたいと思います。

※そもそもソーシャルバイヤーとは?

個人で商品を買い付け、SNSを使って消費者に告知、販売を行う人たちの事。
2014年から始まった「爆買」ブームの真の火付け役ともいわれていますが、多くは留学生や主婦、ビジネスマンという、いわゆる一般の人。ただ近年は専業ソーシャルバイヤーも多数存在している模様で、中国のソーシャルバイヤープラットホーム上には45万店舗もの日本商品取扱店舗が存在していると言われています。

Page Top