【訪日中国人】日本で食べたいのは「ハーゲンダッツ」!― 「食べた」ランキングから

トレンドExpressが毎週行っている中国ソーシャルメディアにおける日本関連書き込み総件数ランキング。その中から「行った」、「食べた」、「〇〇したい」などインバウンドに関連したランキングをピックアップし、注目のキーワードを分析します。

今回は2018年10月3日〜10月9日「食べた」ランキングから、日本のブランドではないのですが、中国人観光客が必ず上げるあるスイーツブランドの人気について分析してみたいと思います。

まずランキングトップ10はこちら。

2018年10月3日〜10月9日「食べた」ランキング

今週の中国人気訪日クチコミ:「ハーゲンダッツアイス」

今回注目するのは、食べたいランキングの上位に入っている「ハーゲンダッツアイス」です。

アイスクリームと聞いて思い浮かぶのは、抹茶やチョコレート、ストロベリーなどのフレーバーとともに、「ハーゲンダッツ」というブランドをあげる人が多いかもしれません。

中国ではハーゲンダッツアイスは高級品です。でもみんな大好きなのです。

アイスが1個500円!

中国ではハーゲンダッツの店舗が数多く出店しています。

専門店以外にも、コンビニやスーパーでも売られていますが、カップアイス1個が約500円と高価でかなりの高級品になっています。

中秋節の月餅もハーゲンダッツではオリジナル商品を販売しており、人気となっています。

日本では残念ながら数年前に全ての店舗が撤退してしまい、コンビニやスーパーなどでしか手に入りません。

しかし、日本では中国で購入するのと比べて価格がお得なこともあり、店舗でゆったりくつろぎながら食べることはできませんが、コンビニやスーパーで購入する中国人観光客が多くいるようです。

限定フレーバーが大人気

ハーゲンダッツアイスは、その美味しさが人気のひとつになっていますが、日本で販売される期間限定のフレーバーは特に注目されている商品になります。

日本国内でも人気のあまり販売停止になってしまうものもあるほどなので、期間限定でしか食べられないハーゲンダッツアイスは、マストバイアイテムの一つになる勢いがあります。

WeChatWeiboにはそのパッケージ写真と味わいを絶賛するコメントが並んでいます。

ここ最近人気だったのは、童話の世界を表現した新シリーズで、「アリスの紅茶〜クッキーを添えて〜」や「白雪姫のりんご〜カスタードとともに〜」、キャラメルトリュフやジャポネ抹茶あずき黒蜜、スイートポテトのタルトなどなど。次々と展開されることもあり、訪日の際には何かしらの限定商品に出会うことができます。

12月4日からは、濃厚な味わいのカスタードとほろ苦いカラメルソースを組み合わせた「カスタードプリン」が販売されるのですが、早くもこの情報をゲットしている人は早速自分の微博にアップし、情報を拡散させているほどです。

また、訪日の際に利用した日系エアラインでハーゲンダッツアイスのサービスがあったようで、その感動を「超嬉しい!」とのコメントと共にWeiboに上げている消費者も。

日本では特に安く購入することができるというメリットもあって、中国人観光客に人気となっているハーゲンダッツアイスですが、中国では手に入れることのできない期間限定品を日本で食べた、という付加価値がつくことが何よりのステータスになっているかもしれません。

より詳しい中国情報はこちら
トレンドViewerログイン(会員専用)
Page Top