【中国人気商品】中国PR展開ナシでも人気商品に。要因はあの人気アイドル~「買いたい」ランキングから

トレンドExpressが毎週行っている中国ソーシャルメディアにおける日本関連書き込み総件数ランキング。そのランキングから、注目の商品、注目のサービスをピックアップ。中国消費者がハマる背景を探ります。今回は2019年1月16日〜1月22日「買いたい」ランキングから、日本国内で今話題となっているアイドル起用によって中国で火が付いたヘアケア商品について分析してみたいと思います。

まずは最新のランキングから。

2019年1月16日〜1月22日「買いたい」ランキング

今週の中国人気商品:「Je l’aime(ジュレーム) AM シャンプー/トリートメント モイスト&スムース」

今回は「買いたい」ランキングにおいて、徐々にランキングを上げながら上位をキープしている「Je l’aime(ジュレーム) AM シャンプー/トリートメント モイスト&スムース」から、中国における広告展開について考えて行きたいと思います。

「Je l’aime(ジュレーム)」はKOSE(コーセー)が展開するヘアケアシリーズです。「髪質改善」をコンセプトに、ダメージ髪やクセ髪などのお悩みに合わせて選べるノンシリコンのシャンプーやトリートメント、ヘアマスクを揃えています。

ヒットの要因はあのアイドル!?

近年のノンシリコンブームと仕上がりの良さから日本でもヒットした「Je l’aime(ジュレーム)」ですが、中国で知られるキッカケは、中国国内でも大人気の男性アイドルグループ「嵐」です。

先日発表された休止報道は中国でも大々的に報じられ、中国版Twitter「微博」で「嵐」がトレンドワードに挙がるなど、改めて中国に多くのファンがいることを証明しました。

その「嵐」と「Je l’aime(ジュレーム)」の関係は、メンバーである松本潤さんと相葉雅紀さんがイメージキャラクターとしてCMに起用されているということです。

「まさか、それだけで!?」と思うかもしれませんが、熱狂的なファンは応援しているタレントがCMをしている商品を購入して応援したいと思うもの。

実際にCMが始まってからというもの、中国の国内のファンが「新浪微博(Weibo)」や「微信(Wechat)」の個人アカウントには同商品を購入して、口コミ等の投稿をしているのを多数見かけます。

さらに訪日した際には、松本さんと相葉さんが印刷されたパッケージを求めて、スーパーやドラッグストアをハシゴするファンも。さらには、商品をわざわざ友人分まで購入し、おすすめしているファンもいるほどです。

元々「Je l’aime(ジュレーム)」を使い始めたきっかけはCMタレントの影響だったりするわけですが、使用するうちに製品の良さに気付いて愛用するという人も多く、ランキングに現れているような人気に繋がっています。

侮れないKOLの影響力

中国国内で企業や製品をPRする時、ユーザー分析をしながら細かな広告戦略を立てることも大事ですが、まずはインパクトのある打ち出しが効果的と言われています。

  • 大々的な派手な打ち出し
  • 人気タレントを起用すること

特に中国ではタレントへの憧れが強く、CM起用するタレントの影響力は日本以上に大きいように思います。

一時はファン・ビンビン(范冰冰)さんをイメージキャラクターとした製品は飛ぶように売れ、彼女のWeiboや「小紅書(Red)」などのアカウントで紹介されたアイテムはメーカー在庫が尽きるほどの反響がありました。

多くのフォロワーを持つ人気タレントは、中国インフルエンサーKOL)として絶大な影響力を持っています。

タレント本人の「つぶやき」が爆発的な効果を発揮することはもちろんですが、「Je l’aime(ジュレーム)」の松本さんと相葉さんのように、中国で知名度が高い日本人タレントを起用することにより、中国国内でCM活動をしておらずともファンが広げてくれるという展開も期待できます。

 

訪日外国人が日本で「買いたい」と思う理由はさまざまですが、このように日本人タレントの影響も少なくありません。

今、中国でどのようなタレントが人気があるかというリサーチもとても重要です。日本ではあまり知られていないけれど、中国では大スター!というタレントもいます。

そういうタレントをCM起用するという「手」も有効かもしれません。

より詳しい中国情報はこちら
トレンドViewerログイン(会員専用)
Page Top