中国トレンドExpress

消費者に愛される商品へ 中国市場で勝つためのニックネームとは?

加熱する中国市場。そこでのカギは中国において知名度を高める事、そして中国消費者にとって親近感を持ってもらうことである。

今、その手法として広く普及しているのが「商品にニックネームをつける」という戦略である。とかく長くなりがちな化粧品に端的でわかりやすいニックネームをつけることで、中国の消費者に印象付け、マーケティング活動に生かそうという動きである。

今回は中国の化粧品市場で高い認知度を獲得している商品ニックネームを見ながら、中国市場でどういった思考でニックネームを考えるべきかを考察してみよう。

中国市場で日本ブランドに付けられたニックネームの中で印象深いのは、化粧品ではなくデジタル製品。カシオの自撮り用デジカメ「TRシリーズ」であった。

 

そのニックネームは「自拍神器(自撮り神器)」。

 

もともと日本では人気が出ず、海外専用商品として売り出した同商品だったが、台湾の人気女優が「小顔に撮れる」とWeibo上で発信したことで火が付き、このニックネームを奉らわれた。

 

当時、筆者も中国在住であったが、一時帰国のたびに同僚などから「日本で買ってきて!」と頼まれ、日本で売られていないことを説明するのに一苦労だった記憶がある。

 

このように、刺さるニックネームがつけられると一気に消費者に浸透していくもの。現在は中国の化粧品市場で巻き起こっているのがそんな「商品ニックネーム」ブームである。

すでに多くのブランドが商品ニックネーム中心にしたマーケティングを展開、消費者の間でも話題になっている。

 

今回はその商品ニックネームを種類別に見ていこう。