中国トレンドExpress

2021年618商戦 クチコミ分析から何が見える?

JD.comにおいても昨年越えが発表されている2021年の618。好調を伝えるブランドも数多くあるが、消費者たちはその商戦にどのような印象を抱いたのだろうか?

中国トレンドExpressでは2021年と前年の618商戦期間中(ともに5月25日から6月20日)のクチコミを収集。618商戦中のクチコミ上における人気ブランドなどを分析した。

今回はその中から618全体を俯瞰してみよう。

618クチコミ件数は増加傾向。年齢層も平常化へ

まず618に関するクチコミ件数である。今回は単純に5月25日から6月20日の期間中に「618」というキーワードを含んだ投稿があった件数を収集した。

【グラフ】618に関するクチコミ件数

出所:数慧光商務諮詢(上海)有限公司

これを見ると2020年は300万件の投稿があったが、2021年は約315万件と5%ほどの件数増加がみられた。

昨年と比べて大きくはないが増加がみられており、618商戦全体としては前年並み、もしくはそれをやや超える盛り上がりを見せたと言っていいだろう。

 

2020年は新型コロナウイルスによる外出制限終了後の大型商戦とあって前年である2019年以上の盛り上がりを見せたが、商戦全体として2021年もその流れを継続した結果となった。

 

続いて、このクチコミを行っているユーザーを年齢で見てみよう。今回は昨年に比べて小さいながらも変化が見られた。

【グラフ】618クチコミの年齢分布

出所:数慧光商務諮詢(上海)有限公司

主力年齢層は2020年同様、「25歳から34歳」という世代、中国でいう80後世代後半および90後世代が中心となっている。

しかし全体における比率は2020年から微減を見せている。