【特集】中国SNS情報最新版(1)2017年上半期、メインユーザーは子持ちの若年層!

中国人消費者と切っても切り離せないSNS。中国トレンドExpressでは昨年末、中国でのSNS利用動向についての特集をお届けしました。


▼バックナンバーはこちらから(リンクより Vol.77 中国ソーシャルメディア利用状況2016まとめ をダウンロードください)

トレンドViewer(バックナンバーダウンロードページ)


中国でのSNSアプリのユーザー数は5.9億人ともいわれ、現在も増加を続けています。今回は「中国SNS利用状況2017年上半期版」として、iResearch調査に基づいた報道から情報をお届けします。

モバイルSNSは既婚子持ちが46.3%、年代は40歳未満が2/3

この調査によれば、SNSの利用者の男女比は55.1:44.9となっており、ネットユーザーの比率(53:47)と比べて男性が高めです。

ステイタスは「既婚子持ち」が全体の46.3%と主流になっています。

(円グラフ中、ラベルのない紫色は「その他」0.3%)

グラフ:モバイルSNSユーザーの既婚・未婚比率:その他0.3%、独身(結婚願望なし)0.7%、結婚子供なし 6.3%、交際中12.7%、独身(結婚願望あり)33.7%、既婚子供あり46.3%

年齢分布は40歳以上が4.3%と少数となっており、SNS利用層は若年化しているといえそうです。別の調査によるネットユーザー全体における40歳以上のユーザー比率は23.1%であり、インターネットの利用自体は中年層でも活発と言えそうです。

グラフ:モバイルSNSユーザーの年齢比率:40歳以上4.3%、35-40歳未満13.7%、30-35歳未満26.7%、25-30歳未満28.8%、24歳以下 26.6%

ユーザーのSNS利用目的やモチベーションは?

続いてインターネットユーザーのSNSアプリの利用状況です。

主な利用目的は以下のようになっています。

1 交流を広める 70.8%
2 知識を深める、ニュースを知る 63.1%
3 気の合う人と知り合う 61.9%
4 時間つぶし、孤独感を紛らわす 57.6%
5 自己表現欲 55.8%
6 単なるツールとして 47.6%
7 何かを吐き出すための場所だから 47.5%
8 自慢するため 28.0%

5位「自己表現欲」(55.8%)や8位「自慢するため」(28.0%)といった要因のランクインが見られました。この利用目的は、日本のSNSユーザーの利用目的と比べた際、特徴的と言えそうです。

日本のSNS利用の特徴とは何でしょうか。総務省が毎年発表している「情報通信白書」によると、日本ではSNSで積極的に情報発信を行っている割合は最も高い20代で17.4%、前年代を合わせた全体では11.8%にとどまります。つまり日本人はSNSを利用していたとしても、そこには自分からの発信という形態で表れるような「自己表現欲」、「自慢するため」という意識が希薄だとも考えられます。

中国のSNSユーザーについて、日本人のようなSNS利用スタイルを当てはめて想像してしまっては、誤ったイメージをつかむことにもなりかねないでしょう。

参考:情報通信白書 第2部 ICTが拓く未来社会(総務省)

続いて、中国のSNSユーザーがSNS上で自分から情報発信する場合の動機づけを詳細に見てみます。ユーザーを単なる閲覧にとどまらせない理由は何なのでしょうか?

Page Top