【特集】中国SNS情報最新版(2)SNSは22時、ライブ動画は日に4回、視聴のピークがある!

SNSを利用する目的の1つといえば、インターネット上のプラットフォームで人間関係を形成し交流することですが、中国では中国版Twitter新浪微博に限らず、チャットツールのタイムラインや動画サイトでコメント、質問が見られるのは日常茶飯事。どこまでがSNSでどこからがSNSでないのか区分けが難しいところです。

今回はインターネット関連の研究機関中国インターネットインフォメーションセンター(CNNCI)が今年1月に発表した「第39回全国インターネット発展統計布告」よりインターネットユーザー数とSNSツールのユーザー分析をご紹介します。

▼第1編はこちら

中国SNS情報最新版(1)2017年上半期、メインユーザーは子持ちの若年層!

参考:
CNNIC:2016年第39次中国互联网络发展状况统计报告(附下载)抜粋 (中国語)

CNNCI2016年中国インターネットに関する分析レポート

まずはインターネットのユーザーについて取り上げます。

インターネットユーザー数と属性

レポートによれば2016年末で中国のインターネットユーザーは7.31億人、インターネット普及率は53.2%(都市69.1%、農村33.1%)となっています。

中国の人口が膨大であるため、普及の比率でみるとそこまで大きな数字に見えないかもしれませんが、絶対数に着目すると、驚異的なマーケット規模を感じとれるのではないでしょうか。7.31億人といえば、日本の人口の約5.7倍です。これでもまだあと6.4億人がインターネット利用の可能性を秘めているのです。

都市と農村部ではインターネット利用状況に差があり、農村では都市と比べEC、モバイル決済、旅行の予約では特に20ポイント以上低い状況となっています。またユーザーの属性は学生が25%、フリーランスが22.7%と上位を占めています。上位には続いて会社員11.9%、そのほかの属性は軒並み7%以下となっています。

またネットユーザーの月収分布をグラフにしたものが下記です。上位から、3001-5000元(23.2%)、2001-3000元(17.7%)、500元以下(13.8%)となっています。先に見たように学生のユーザーも多いため、500元以下の比率にも納得です。

グラフ:ネットユーザーの年収分布:未収入7.0%、500元以下13.8%、501~1000元8.3%、1001~1500元5.7% 、1501~2000元7.7%、2001~3000元17.7%、3001~5000元23.2%、5001~8000元9.7%、8000元以上6.9%

 モバイルの使用規模と「ライブ動画」

インターネットのモバイルユーザーは、全ネットユーザーの95.1%に上ります。また、2016年に注目の市場となったライブ動画のユーザーは、3.44億人(ネットユーザー全体の47.1%)となりました。

ライブ動画ではゲームのライブ動画利用が最も多く、そのほか歌唱、スポーツ、トーク番組の利用が多くなっています。

SNSプラットフォームの使用率と一日における利用時間分布

では続いてSNSに焦点を絞ってデータをご紹介します。2016年12月における、典型的なSNSプラットフォーム領域におけるアプリの使用率TOP7です。

微信朋友圏(WeChatタイムライン)、QQ空間、微博ほか、各SNSの使用率(2016年12月)

 グラフ:微信(WeChat)、QQ空間、微博ほか、各SNSの使用率(2016年12月):WeChatタイムライン85.5%、QQ空間67.8%、微博37.1%、Douban8.2%、知乎7.6%、天涯社区7.0%、LinkedIn2.8%

インターネットユーザーのうち、WeChatのタイムラインである「朋友圏」の使用率が最も高く、85.8%となっています。次点は同じくテンセントが提供するチャットツール「QQ」に備わっているSNS「QQ空間」です。両者の使用率は群を抜いて高くなっています。3位は中国版Twitterの微博で使用率37.1%ですが、こちらも次点を大きく引き離してランクインしています。

このように、TOP3のSNSツールがそれ以下と大きく差をつけて使用されていることがわかります。3つのプラットフォームの特徴はどういったところにあるのでしょうか?

Page Top