【聖地に集う中国人】2017年版 前編 ~1位はもちろん岐阜県舞台のあの映画!「聖地」ブランド継続の要を書き込みから~

昨年中国トレンドExpressでは、「聖地巡礼」を目的に日本に訪れる中国人に注目し、聖地巡礼に関するクチコミ分析を行いました。今回はその最新版として、2016年8月からの1年間についての最新データをご紹介いたします。ランクインする「聖地」の顔ぶれに変化はあったのでしょうか?

「聖地巡礼」とは、アニメ・マンガなどの舞台となったとされる場所やゆかりのある土地を実際に訪れる行為。


▼有料会員の方はバックナンバー62号で前回の内容をお確かめください。

トレンドViewer(バックナンバーダウンロードページ)


2015年5月~2017年夏の「聖地巡礼」注目度推移

2015年夏からの、「日本に関連した聖地巡礼」に関する新浪微博のクチコミ件数推移を見てみましょう。

グラフ:「聖地巡礼」に関するクチコミ推移

2015年、16年、17年ともに、夏にいったん盛り上がりを見せています。また昨年は夏の盛り上がりを維持しながら国慶節のあたりでピークを迎えています。
昨年4月のクチコミの増加は、昨年トレンドExpressでお伝えした通り、アニメ「夏目友人帳」の聖地があるとされる熊本で発生した地震について、心配する声が拡散されたのが原因となっています。

夏には、休みや卒業を迎えた若者が旅行に出かけることはこれまで何度もお伝えしているとおりで、「聖地」ブランドのターゲットは若者というのは明らかなところです。

今年は既に6月の時点で昨年のピークを越えており、このままの勢いが国慶節まで続く可能性もあります。中国では、今年に入ってから聖地巡礼が「日本旅行の目的」の1つとして扱われ始め、メディアにも露出がふえてきていますが、その流れがクチコミにも表れていると言えるでしょう。

とはいえ、「聖地」ブランドが継続するのかどうかはまだ判断が難しいところで、プロモーションにそのブランドが活用できるのかどうか、気になるところではないでしょうか?そこで、今年の聖地巡礼投稿ランキングについて昨年と比較しながら見ていきたいと思います。

作品ランキングTOP20 ~2017年版

ではさっそくランキングを見ていきましょう。まずはTOP5です。(場所は投稿上の主な表記)

順位 作品名 カテゴリー 場所 転載数 前回順位
1 君の名は。 アニメ、映画 飛騨高山 4,893
2 ジブリ各作品 アニメ、映画 三鷹市(三鷹の森ジブリ美術館) 2,893
3 夏目友人帳 アニメ、漫画 八代市 1,782 1
4 スラムダンク アニメ、漫画 鎌倉市 1,452 2
5 頭文字D アニメ、漫画 群馬県(赤城山等) 1,237 11
Page Top