【聖地に集う中国人】2017年版 後編 ~「聖地」の可能性を持つ作品ジャンル、そして今年要チェックの映画作品は?~

「聖地巡礼」の2017年最新トレンド情報をお届けする【聖地に集う中国人】2017年版、後編です。前編では最新のランキングを紹介しましたが、後編では各スポットランクインの理由について取り上げていきます。

聖地認定のきっかけは全話視聴可能な動画と映画作品への注目

既出のスポットも「聖地」化でクチコミ増加

「三鷹の森ジブリ美術館」「ちびまる子ちゃんランド」は元々人気のスポットではありますが、聖地巡礼としては初のランクインとなりました。「聖地巡礼」の盛り上がりが感じられるとともに、これらのスポットで「聖地巡礼」がブランディングに活用できる可能性を感じさせます。

「ちびまる子ちゃんランド」「三鷹の森ジブリ美術館」は、行ったランキングでは下降傾向にありましたが、5月を過ぎたあたりから上昇傾向に転じており、聖地巡礼のクチコミが影響を及ぼしている可能性もうかがえます。

タイムラグありの人気作品、公開本数が増加した映画もアニメが多数

今回初めてランク入りしているアニメや映画を見てみると、日本では放映がだいぶまえに終了しているものがほとんどとなっています。これらの作品は中国の動画サイトで公開されていますが、こういったサイトでの視聴は全話まとめてされることも多いので、放映終了後であっても注目が上昇していくという事情が影響しているでしょう。

また今年のランキングには、アニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」「時をかける少女」「サマーウォーズ」「秒速5センチメートル」などが初登場ランクインしていますが、ここからテレビアニメだけでなく本年の日本の映画への注目度の高さがうかがえます。

Page Top