中国トレンドExpress

中国最大のECイベントW11(双十一)の市場環境と打つべき対策(1) ~この知識がW11勝利への「神器」、基礎からおさえる中国ECでの戦い方~

成長を続ける中国EC市場。1年のうち最大のイベントとなるW11(ダブルイレブン。中国語では双十一、シュアンシュイー、11月11日の独身の日のお祭りと名うち、ECサイトで開催されるセール)までいよいよあと2か月弱となりました。

2016年のW11当日売上はなんと約3兆円にものぼりましたが、2017年の市場環境はどうなっているのでしょうか?

今回は、2016年の市場環境を振り返るとともに、今年の見通し参入する際のポイント・落とし穴、そして取るべき対策についてお届けしたいと思います。

本編は、株式会社トレンドExpress代表取締役社長 濱野智成へのインタビューを中心に、関連資料の内容と合わせて再構成しています。文中に関連資料ダウンロードURL(無料)もございますので、合わせてご覧ください。

ユーザーが越境ECを選ぶ理由と今年売れる消費の特徴とは

まずはW11について、改めて間単に説明しておきましょう。

中国では11月11日は1が4つ並ぶため「独身の日」と呼ばれ、1990年代に独身者同士が集まって祝ったり、パーティーを開催したりするという文化が広まりました。

2009年には、中国EC大手の阿里巴巴(アリババ)社の運営する天猫(Tmall)が、この「独身の日」の文化を利用して「自分のための買い物を」というコンセプトでECでの大量買いをしようというキャンペーンイベントを仕掛けました。これが現在EC各社の参加する一年で最大のセールの始まりと言われています。

天猫が仕掛けたW11のキャンペーンでは、自分が商品を購入するとWebページで売上がカウントアップされ、自分の購買活動がECサイトに可視化されるなどの工夫が多く、こういった消費者がつい買ってしまいたくなる仕掛けがW11のイベントを定着させたのではないかと考えられます。

昨年2016年も大いに盛り上がりました。冒頭でお伝えしたとおり1800億元(約3兆円)の売上を記録し過去最高となりました。内訳をみると「天猫(Tmall)」を運営するアリババ社(阿里巴巴)の一人勝ちの状況で、当日売上は1207億元に達しています。次いで京東(JD.com)が401.9億元、蘇寧易購は38.9億元の売上です。

では、このセール期間に越境ECで期待される売れ筋商品はどのあたりでしょうか?