【事例】台湾インバウンドは中国と違う?「訪日旅行」ソーシャルビッグデータで台湾人旅行客のインサイトを探る ~基礎編~

日本の女性誌では毎年のようにおススメの旅行先として取り上げられる「台湾」。中国向けマーケティングでは「中華人民共和国」のみならず、「台湾」のSNSもデータ分析の対象です。

本編では、もう一つの中華圏である「台湾」からのインバウンド旅行客についてソーシャルビッグデータをもとに分析し、台湾人の「旅行」「訪日旅行」に対するインサイトをご紹介します。

まずは台湾についての基本知識をおさらいしましょう。

  • 通貨は「NTD(ニュー台湾ドル)」
  • 中国(中華人民共和国)では「台湾省」として行政区分が設けられています
  • 香港、マカオと同列の扱いで、中国国内でありながら、パスポートは中国大陸とは異なります(入国先の国家の査証の要不要も異なる)
  • 台湾では中国とは異なり「繁体字」(日本で明治時代まで用いられていたものと同じ)が使われていますが、文法や基本的な語彙は中国語と同じです。ただし、ものによっては違う単語になっていることもあります(例えば、「自転車」を表す単語は台湾と中国では異なります)
  • 中国の「福建省」(ウーロン茶で有名)の向かい側に位置します。日本から見ると沖縄の先に位置し、海に囲まれているため気候も沖縄に似ています。
  • 中国では閲覧が事実上不可能となっているFacebookやYouTube、Twitterといったインターネットサービスですが、台湾では問題なく使えます。

 


▼中国でのVPN利用に関してはこちらの記事をご覧ください

中国VPN「2017年度の規制強化」とSNSから見る実態 


つまり、地理的には中国の一部分のようでいて、政治制度、経済は異なる地域ということになります。

言語はほぼ中国と同じ、風土は福建省の一部と共通していますが、島ですので気候等また少し条件の異なる部分もあります。

1.クチコミ基本情報、人気は〇〇とBBS

昨年、台湾からの訪日客数は前年比20%となっていました。今年2017年に入り、前年比の増加率は一けた台にとどまっています。7月、8月のJNTOの発表した推計値では10%を超える結果となっていますが、それでも昨年の伸びには及びません。

今年の旅行者の減速には何か要因があるのでしょうか? ソーシャルビッグデータであるSNS上のクチコミから、現状を確認し、さらには台湾人の海外旅行、日本旅行に対する期待を掘り下げてみたいと思います。

【調査概要】
対象:ニュース、コラム、掲示板、ブログ、FBファンページとQA型サイトの中における​訪日旅行に関する内容全般
キーワード:日本旅行に関する「交通方法」、「旅行攻略」、「スポット」、「旅行会社」、「ホテル」、「日本と一緒に言及した国」、「飲食関連」、「文化関連」、「ショッピング」、など合計10種類602組のワード。
調査期間:2016/01/01~2016/12/31の1年間

Page Top