【中国コンテンツBiz】 オタクグッズからアートへ 中国の新消費者もがっちりつかんだ「ガレキの祭典」!

日本で「ワンダーフェスティバル(Wonder Festival 略称:「ワンフェス」「WF」)」というイベントが行われているのはご存知でしょうか?これは日本の造形メーカー海洋堂が主催する世界最大の「ガレージキット(※)」のイベントです。

そのビッグイベントが、今年4月になんと上海に上陸。初の海外開催となったこのイベントでは、上海のみならず中国各地からファンが集合。徹夜組、さらにはサラリと〇〇万円のお買い上げをする消費者まで現れ、中国における「ジャパニーズ・オタクグッズ」人気を見せつけてくれました。

中国のアニメ・漫画ファンだけでなく、「新消費者層」ともいえる消費者たちの注目を集めたこのイベントをリポートします。

※「ガレージキット」とは
「既製のプラスチックモデルに飽きたらず、自身の造形的ニーズやクオリティにこだわるマニアたちが、自分自身で造りあげた原型をもとに型取りし、レジンキャストで生産する手作りの模型」のことを指します。Wonder Festival公式サイト(wf.kaiyodo.net/knowledge/garagekit/)より抜粋。

上海で大人気となった「ワンフェス」の公式サイト

「ワンダーフェスティバル」は年に2回、2月と7月に日本で行われています。

「ガレージキット?オタクのおもちゃでしょ?」と笑うなかれ、同イベントは日本でも1日でなんと約5万人を集客。海外からも数多くのファンが詰めかける、まさに「ガレキの世界的祭典」なのです。

その初の海外開催となった今回のワンフェス2018上海は「Pre Stage」と銘打ち、22,000平方米を超える会場で日中およびそれ以外の海外メーカー、企業ディーラー70社以上、150名以上の個人原型師が出展しました。

Page Top