【セミナーレポート】 すでにスタートしているW11(ダブルイレブン) 618から何が見える?(1)

6月28日、トレンドExpressでは恒例の月イチセミナーを開催。時はまさに中国ECイベント618終了直後。その動向から、来るべく11月11日の中国EC最大の祭典『W11(ダブルイレブン、中国語では「双十一」)』に向けての戦略が紹介されました。

日本企業も多く出品している中国大手ECサイト『京東(JD.com)』が開催する、年に一度の特大キャンペーン『618』。成功した企業に共通する戦略とは?これから迎えるもう一つの祭典『W11』の戦い方とは?多くの企業の注目を集めたセミナーを紹介します。

 成長を続ける『618』! 売り上げ第一位の栄冠はどのECサイトに?

そもそも、『618』とは何か?簡単におさらいしていきます。

『618』は6月18日のことで、中国EC大手(第2位)である、京東の設立記念日。一番の祭典『W11』に次ぐEC大商戦です。2017年度は、京東だけで約2兆円の取引額を観測しました。『W11』と同様に、他の各ECプラットフォームもこれに参戦し、年々規模を大きくしています。

今年の動向で一番押さえておきたいポイントは、双十一などECの売上では天猫が圧倒的に強いイメージがありましたが、618は「京東の日」、売り上げはやはり京東が堂々の第1位という点です。

総売り上げは約5兆円、その内2.7兆円が京東と、つまり60%の売上が京東ということになります。最大のライバル天猫は、この時点では詳細な金額を発表していませんが、少なくともこの2社で80%は占めているだろうと予測されます。

つまり、各プラットフォームの競争が激化するも、やはり2大プラットフォームの存在が大きい、という現状が浮き彫りにされました。

Page Top