中国トレンドExpress

「令和」まであと少し。 ちょっと気になる、中国消費者は日本の「皇室」「改元」をどう見てるの?

あと半月ほどで「平成」が終わりをつげ、「令和」へと移り変わります。すでに宮中では、この代替わりに関した一連の儀式が始まり、日本の憲政施行以来、初めての退位および新たな天皇の即位が行われます。

こうした日本国内の盛り上がりに対して中国はどのように見ているのでしょうか?Weiboなどネット上のクチコミを見てみると、中国における日本観も少しずつ変化していることが見てとれます。

始める「令和」ルーツ探し。出所候補に「史上最強の汚職役人」?

まず、4月1日の「改元」。中国でもSNSだけではなく大手メディア各社も大きく報道しました。

これらの報道の多くは、「5月1日からの新しい元号が発表された」という、非常に客観的な、事実を伝えるものでした。

 

Weibo上の「日本情報専門アカウント」では日本のニュースを見ながら記事をアップしていたようで、中国の消費者もほぼリアルタイムで「新元号発表」をチェックしていたようです。

 

元号の発表後、中国のSNS上では日本同様に「名探偵コナン」の主人公・工藤新一の今後を心配する声が上がりました。つまり「新一くんは、もう平成のシャーロックホームズにはなれないの?」といった日本のネット上の声が波及したものです。

 

その後起こったのが、「令和」のルーツ探し。

 

公式には出典は『万葉集梅の歌の序』とされており、そのために「脱中国の現れ」という声が上がりましたが、同様の表現が、中国後漢時代、張衡の『帰田賦』に見えられることから、「これがルーツで、日本は中国文化から脱していない」といった声が、中国のネット上などから巻き起こりました。

 

ただ、その後、それが徐々にゲーム化。Weiboなどで「中国の古典から“令和”の記載探し」が始まりました。

 

その中で多くの指示を得たのが『清史稿』(中華民国で編纂された清朝の歴史をまとめた記録書。完成していないので“稿”なのです)にある「乃賜令和珅自尽」という一文。

書き下すと「すなわち、和珅に自尽を賜しむ」となり、「(皇帝が)和珅という人物に自殺を命じた」という意味になります。

和珅は清朝中期の高官で、乾隆帝の寵愛を受けて権勢を振るい、「中国市場最大の汚職役人」となった人物。結果、次の皇帝である嘉慶帝に自決を命じられて一生を終えましたが、その際の記述が「令和の出所なのでは?」と話題になったのです。

 

これはもちろんSNS上の冗談に過ぎませんが、中には中国の史書からとにかく「令和」とつく記述を探してアップしている人もおりました。

理由としては「ほら、やっぱり中国がルーツじゃないか」と言いたいだけのような気がしますが、日本の改元をきっかけに自国の古典、歴史書を開くことに繋がっているようです。

 

さらにもう一歩踏み込んで、日本の「改元」などに関する中国の反応を見てみましょう。