中国トレンドExpress

【中国EC商戦】「618」でダブルイレブンの勝敗が決まる③ ~中国商戦で勝つために春から始めるKOL~

中国市場向けプロモーションとして期待されているのが「KOL(Key Opinion Leader)」、すなわち中国におけるインフルエンサーマーケティングです。

このKOLマーケティングは、ECモールの外側・内側で合わせて展開すると非常に高い効果を上げます。しかし、そのタイミングや方法を間違えてしまうと「骨折り損の…」なんてことにもなりかねません。

今回は618、そしてその後を見越したKOL活用の手法をお届けします。

▼前回までの記事は

【中国EC商戦】「618」でダブルイレブンの勝敗が決まる① 2019年上半期最大のEC商戦、まもなくスタート
【中国EC商戦】「618」でダブルイレブンの勝敗が決まる② ~618で勝ち、ダブルイレブンでも勝つには消費者心理を知るべし~

なぜ「KOL」を信じるのか

中国でのKOL活用を語る前に、「なぜ中国でKOL発信が有効か」について、もう一度確認しておきましょう。

最大の理由として挙げられるのは、企業広告に対する不信感でした。

中国消費者にとって企業広告は「売りつけるための情報」という意識が強くあり、さらに2000年代に入ってから、国内大手企業の品質問題などが明るみになるなど、企業の商品や商品広告に対する信頼感は大きく低下しました。

 

それに比して「誰かが使ってどうだった」という生の声、すなわちクチコミは信頼度が高くなっています。

なかでも、その商品分野に一定の知見を持ち、影響力を有している人物が、実際に使ってみた感想というのは、消費者にとっては非常に貴重な情報。

 

これらがKOLが登場する土壌となりました。さらに90後世代や、95後世代など、ファッションや流行に敏感な新世代たちが、こうした影響力を持つKOLたちの情報を参考にしながら商品の選択、購入をおこなったことで、KOLマーケティングに火が着いたのです。

さらに2年前、2017年の618では、そうしたKOL・ライブ配信・E-コマースが融合。KOLライブコマースが展開され、大型EC商戦時におけるキャンペーンのフォーマットが作られました。

今やKOLは中国で認知度を高め、市場競争を有利に展開していく中では欠くことのできない存在となったのです。


▼参考記事
【越境EC】「618」中国EC商戦の戦い方② 中国ECはLove Live! KOLとの切れない関係
注目すべきは「95後」。なぜKOLが刺さるのか?~業界レポート・中国アパレルファッション編


では引き続き、KOL活用の注意点、効果的な展開手法を見ていきましょう。