中国トレンドExpress

平成30年間 中国では何が起こっていたのか①ー1989年~1998年

間もなく改元。「平成」も過去のものとなり、新しい時代「令和」へと移っていくことになります。多くの場面で「平成30年を振り返り」が行われていますが、実は中国にとってもこの30年間は大きな変革の時期でした。

改元を間近に控えたこの時期、「30年間」という区切りで中国現代史を振り返ってみましょう。

1989年~1998年。日本と中国には何が起こっていたのか

まずは、平成最初の10年間に起こった日中双方の出来事を年表にまとめてみました。

  平成 日本 中国
1989年 元年 ・平成に改元
・任天堂ゲームボーイ発売
・美空ひばり死去
・横浜ベイブリッジ開通
・坂本弁護士一家殺害事件
・6月4日天安門事件勃発
・江沢民が党総書記に就任
・『香港特別行政区法草案』発布
1990年 2年 ・テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』放送開始
・キリン一番搾り生ビール発売開始
・セガ「ゲームギア」発売。日本初のカラー液晶携帯ゲーム機
・任天堂からスーパーファミコン発売
・北京でアジア大会開催
・上海証券取引所成立
1991年 3年 ・バブル崩壊「失われた20年」の開始と言われる
・横綱・千代の富士引退
・SMAPがCDデビュー
・ジュリアナ東京オープン
・第一回「315晩会」が放送される
・深圳証券取引所成立
・四人組の1人、江青(毛沢東夫人)自殺
・海部俊樹、中国訪問
・養老保険制度改革正式決定
1992年 4年 ・Sonyからミニディスク発売
・Casioから「G-SHOCK」発売
・東京佐川急便事件
・アニメ『クレヨンしんちゃん』放送開始
・鄧小平『南巡講話』発表
1993年 5年 ・Jリーグ開幕
・皇太子・徳仁親王ご成婚
・音楽レーベル・ビーイングブーム
・55年体制崩壊
・田中角栄死去
・上海東方電視台、上海電視台開局
・上海浦東新区、正式成立
・インターネット使用開始
・江沢民が中国国家主席に就任
1994年 6年 ・Sony「PlayStation」発売
・SEGA「SEGA Saturn」発売
・松本サリン事件
・ドラマ「家なき子」がヒット
・ジュリアナ東京閉店
・中国『公司法(企業法)』成立
・チャイナユニコム成立
1995年 7年 ・阪神淡路大震災
・地下鉄サリン事件
・Windows95発売
・オウム真理教への強制捜査。麻原彰晃(松本智津夫)逮捕
・中国『広告法』成立
・週休二日制始まる
1996年 8年 ・任天堂の「ポケットモンスター(赤・緑)」発売
・バンダイ「たまごっち」ブーム
・ルーズソックスブームや援助交際など女子高生がクローズアップされる
・「O157」による食中毒事件
・中国で初の民間投資家による株式商業銀行・民生銀行成立
・董建華が香港特別行政区行政長官に選出
1997年 9年 ・ロッテが初のキシリトール配合のガムを発売
・映画『失楽園』公開
・神戸連続児童殺傷事件
・X JAPAN解散を発表
・山一証券破綻
・鄧小平死去
・香港返還
・CNNIC(中国インターネット情報センター)成立
1998年 10年 ・長野冬季オリンピック開催
・日本長期信用銀行、日本債券信用銀行などが倒産
・日本が初めてワールドカップ出場
・和歌山毒物カレー事件
・iMac発売
・江沢民、日本訪問
・中国でもタイタニックブーム起こる
・ヴィッキー・チャオ主演のドラマ『環珠格格』がブームに
・長江大洪水
・テンセント成立

日本側を見ると、やはりなつかしさがこみ上げてきますが、同時に中国側を見ると、この時期が現代中国にとって非常に重要な時期であったことがわかります。

 

続いてその中国の大事件を背景を見ていきましょう。