中国トレンドExpress

新たな爆買いスポット誕生? 中国海南島が、今、燃えている Vol.1

中国でこの夏、新たな観光スポットへの注目が高まっている。

その場所とは「海南島(行政単位では海南省)」。

「中国のハワイ」とも呼ばれる南国の島である。ここに今、多くの中国消費者が押し寄せている。その背景にあるのはもちろん南国のビーチリゾートという楽しみもあるのだが、多くの消費者が求めるのは「免税」。

9年間続いていた「離島免税政策」が新たな局面を迎え、盛り上がる海南島。その背景や現在の様子を2回に分けてお届けする。

今回は観光地としての海南省と中国における離島免税精度の基礎についてみていこう。

中国のハワイ? 国内観光のメッカ?「海南」とは?

「海南」とは、海南省は中国の南、広東省に隣接し、南シナ海に浮かぶ島である。

陸地面積は3万5400㎢と、日本の九州(約3万6000㎢)と同じくらいの広さを有しており、その島全体が「海南省」という行政単位となっている。省内の人口は2019年末で944.72万人となっている。

省会(日本の県庁所在地)である海口市とビーチリゾートのメッカとなっている三亜市。また日本でも知られた土地としては国際フォーラムが開かれる「博鰲」(瓊海市)もまた、海南省の都市である。

【グラフ】海南省と上海市のGDP

出所:中国統計局のデータを基に作成

もともとは輸出加工区として工場が多く立ち並んでいたが、その後、その美しい南国の海をメインにした国内観光としての開発が進み、今では中国にいながら南国風景が楽しめる観光地として、主に中国国内の観光客を迎えている。

【グラフ】海南省を訪れる年間観光客数の推移(単位:万人次)

出所:海南省政府公式発表を基に作成

【グラフ】2019年海南省観光客の国内外比率

出所:海南省政府公式発表を基に作成

特に三亜市の亜龍湾などでは、海外資本の大手リゾートホテルが立ち並び、中国国内でも数少ないビーチリゾート地となっており、夏だけではなく春節シーズンにも多くの国内観光客が訪れる。

海南島でも人気の高い三亜市の「亜龍湾」ビーチ

さて、そんな海南島への観光がまた注目を集めている。

それはWeibo上のクチコミ件数からも見て取れる。

2019年8月以降の月次で「海南島×旅行」に関するクチコミ件数を収集してみると、今年6月に大きく跳ね上がっており、観光シーズンである昨年の8月、10月の国慶節を大きく上回っていることが見て取れる。

【グラフ】Weibo「海南島×旅行」の月次クチコミ件数の推移

出所:株式会社トレンドExpress・数慧光(上海)商務諮詢有限公司調べ

では、その背景を紐解いていこう。