中国マーケティング

中国マーケティングの最新事情をブログ形式で紹介しております。

カテゴリ:中国マーケティング

【中国コンテンツBiz】 金があっても、モノがない! 中国ジャンプ世代の熱き小宇宙とユニクロの戦い!

日本でも多くのファンを喜ばせたユニクロUTと今年創刊50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」とのコラボTシャツ。日本での発売から一週間遅れ、同商品が中国でも販売されたのですが……。 中国中で大きな注目を浴びたこのイベント、日…

【中国コンテンツBiz】 ピンクの子豚が席巻中~思わぬキャラクターの大ヒット

今、中国で最も影響力があるキャラクターといえば? ミッキーでもキティちゃんでもなく、ある「ピンクの子豚」が中国の若者たちを席巻しています。見た目はドライヤーにも見えなくもないその姿、なにかのんびりとしたストーリー展開。 …

【中国コンテンツBiz】 巨大アニメ消費国中国 しかし、その実態は…?

中国ではコンテンツ、特にアニメ産業が拡大を続けています。市場規模においてはすでに日本レベルにまで達しており、それはさらなる拡大を見せています。 これはアニメやゲームなどのコンテンツ産業に強みを有する日本にとっては非常に大…

医師が薬用酒に提言したら即「逮捕」!?  中国で「広告」が信じられないワケ(2)

「一人の医師が、ある市販の薬用酒に提言したことで、刑事逮捕」。この事件は当事者である譚秦東氏が釈放されたことで一応の終息を見ましたが、Weiboなどでは依然として話題となっています。後編は事件への疑問点と、そこから見える…

医師が薬用酒に提言したら即「逮捕」!?  中国で「広告」が信じられないワケ(1)

「中国消費者は広告を信じない」、「中国では広告ではなく、KOLが信用される」など、中国マーケティングではよく聞く言葉です。しかし「本当に?」、「なぜ?」といった疑問も浮かんでくるはず。今回は前後2回に分けて、2017年末…

【中国越境EC】2017年618から学ぶ、中国ECイベントの戦い方 ~日本化粧品ブランド編~

中国のEC商戦618では欧米系、中国系のブランドだけではなく、日本の人気化粧品ブランドも積極的なイベントプロモーションを展開。昨年はメンズアイドルを使ったプロモーション展開が目立ちましたが、その結果やいかに? ▼関連記事…

【中国越境EC】2017年618から学ぶ、中国ECイベントの戦い方 ~中国化粧品ブランド編~

間もなくやって来る中国のEC商戦「618」。前回から昨年の618における化粧品ブランドの販促施策を紹介していますが、今回はその中から中国国内ブランドの施策を見ていきましょう。圧倒的な知名度を有する欧米ブランドに対し、ロー…

【中国越境EC】2017年618から学ぶ、中国ECイベントの戦い方 ~欧米化粧品ブランド編~

中国2大ECフェスティバルの1つ「618」まであと2か月余り。すでに多くの企業が618にターゲットを合わせ、プロモーション戦略を策定しています。今回はその事例として、2017年の618から化粧品業界の施策事例をお届けしま…

【越境EC】「618」中国EC商戦の戦い方② 中国ECはLove Live! KOLとの切れない関係

前回、まもなく訪れる「618」についてご紹介しました。今回は越境EC市場で存在感を放つ、消費者アプローチについて考察してみたいと思います。それは「ライブ」。2017年はEC×ライブの動きが急加速していった年となったのです…

注目すべきは「95後」。なぜKOLが刺さるのか?~業界レポート・中国アパレルファッション編

北京や上海、広州の繁華街もおしゃれなファッション、メイクに彩られた女性を多く見かけるようになった中国。2016年にはファッション消費金額において世界2位となっています。今回は今年1月に阿里数据(アリババのデータセンター)…

1234...10...
Page Top