【特集】中国美容事情(6) ~二線都市以下が成長市場「メンズ化粧品」~

さて「美容特集」の最後に男性の化粧品市場に関する最新の調査結果ついてご紹介したいと思います。

検索量で「男性化粧品」のトレンドをチェック!

中国の市場・産業に関するデータ分析レポートを掲載している「中商情報網」に公開されている、検索エンジンの360が発表した「男性用化粧品市場分析」によれば、2014年~2015年、2015年~2016年にかけて、インターネットでの「男性用化粧品」についての検索量は毎年平均40%の増加となっています。化粧品業界全体での検索量は同時期では平均4%の増加となっているので、「男性化粧品」に寄せられる関心の拡大する勢いが見て取れるのではないでしょうか。

2016年は二線都市、三線都市、四線以下の都市での検索量が全体の60%を占めており、男性向け化粧品の大きなマーケットの所在地を浮かび上がらせるような結果となっています。検索量の多い製品カテゴリは順に、「香水」「スキンケア用品(洗顔料、フェイスマスク、UVケア、アイクリーム、フェイスクリーム)」であり、この2カテゴリが全体の半数以上を占めています。

ネットで探すのは、やっぱり「クチコミ」

今回の調査結果には男性向け化粧品に関する検索内容とその割合も含まれています。検索内容の経年の変化からは、男性向け化粧品についての関心は「ブランド」から「製品」そして「製品の使い方」にシフトしていることがわかります。

「製品に関するクチコミ」は、データ収集期間の三年間を通じて常に3割前後の比率を占めており、「製品」に次いでよく検索されている情報であることがわかります。中国トレンドExpressでもたびたび取り上げていますが、「クチコミ」が商品選択に際して男女かかわりなく重視される情報であることがこういったデータからも見て取れます。

Page Top