中国トレンドExpress

【セミナーレポート】国慶節需要を逃さない!(2)ターゲット層とこの時期に売れる商品の基礎&読み方

(1)では、中国ビジネスにおける商戦期としての国慶節の重要さについて確認しました。本編では国慶節の訪日中国人観光客のターゲット層と「モノ消費」に着目し、この二年の国慶節期間の人気商品と今年の傾向の読み方について解説していきたいと思います。

どんな人達が来ているのか?

中国の人口は約14億人、政府の公式なデータはありませんが、パスポートを持っているのは約1億人と言われています。昨年の2016年、来日した中国人観光客は約638万人でしたが、今後、パスポート保有者の増加に伴い訪日客も増加することが予想がされます。

居住エリア~著しく分散化が進む

訪日中国人の居住エリアには大きな変化が表れており、2015年は上海市が30%と多くを占めていましたが、2016年には著しく分散化が進みました。

訪日中国人の居住エリアは拡大傾向

分散化の理由は何でしょうか? 一つには中国の経済力の高まりを背景とした中流所得層の増加が挙げられます。海外旅行に行ける人達が増えたということです。

もう一つの理由としてあげられるのが、SNSでの情報発信・拡散です。一線都市に住む日本旅行のアーリーアダプターによる日本を賞賛するクチコミが中国国内に広がり、レイトマジョリティたる各地からの訪日客が増えたという事象が分散化を引き起こしています。


▼中国の各省のエリアや特徴については、「都市解説」シリーズで理解を深められます

中国・都市解説(1)浙江省(杭州市) ~賢く稼ぐ名勝地!大企業の本拠地は、上海に次ぐマーケットになるか?!~

中国・都市解説(2)四川省(成都市) ~激辛料理とパンダの先に存在する、8000万人の消費者~

中国・都市解説(3)山東省(済南市) ~無骨な男性と古代の思想家が支える裕福な沿海部~


性別、年代~今年の国慶節は家族連れが狙い目?

訪日旅行を好む方に性別で違いはあるのでしょうか? トレンドExpressのデータによれば、男性よりも女性がやや多いという実績があるものの、女性にフォーカスするほどには偏ってはいないようです。

訪日中国人の男女別分布

続いて年代を見てみます。国慶節前の中秋節(旧暦に基づき制定される9~10月にある祝日)での訪日中国人観光客は25~34歳が半数を超えて若干年齢層が低めですが、国慶節は35~50歳が最も多く、やや年齢層は高くなっています。

2017年は中秋節と国慶節が一体化しているので、25~34歳を中心に幅広い層(年齢の高い層では家族連れ層)が来日するのではないでしょうか。


▼中国の季節ごとのイベントについてはこちらの記事からご確認いただけます

中国イベントカレンダー③7~9月 ~学生は夏休みと進級~


訪日中国人の年齢別分布

どんな物を買っているのか?

続いて過去二年の国慶節期間の訪日中国人の購買内容に着目して、データをご紹介したいと思います。