国慶節まであと1か月!(2) ~アンケート調査で訪日中国人の日程・予算・「モノ」ニーズを的確に把握~

中国トレンドExpress恒例の国慶節特集、2回目はいよいよアンケート調査の結果をお伝えします。旅行日程や予算などについて確認したうえで、まずは今一番日本で買いたい「モノ」にスポットを当ててみたいと思います。


▼前編はこちらから

国慶節まであと1か月!(1)~2017年「十一」の日本旅行動向を占うユーザー属性を発表~


【アンケート調査概要】
新浪微博上で「国慶節で訪日を予定」していると思われる書き込みをしたユーザーにアンケートを実施、有効回答300件を集計

国慶節期間の日本旅行はコンパクトな旅? 低予算も増加し二極化の可能性

 滞在日数

まずは国慶節期間における滞在予定日数について、昨年と比較して見ましょう。

グラフ:国慶節日本滞在予定期間:2016年:3日12、4日34、5日65、6日120、7日54、8日以上15:2017年3日8、4日42、5日116、6日84、7日37、8日以上13

 

昨年より1日休みが長いにも関わらず、予定滞在日数のピークは6日間から5日間に減少、6日間、7日間という回答も昨年より減少しており、滞在予定の減少傾向が見られます。昨年の調査では、2015年と2016年を比較したところ長期化の傾向が見られたのですが、その傾向は続かなかったようです。

今年は休みが長い分、前半または後半は自宅でのんびり過ごそうというところもあるかもしれません。ただし、「日本は長期滞在に向かない」というイメージが定着し、短期旅行の行先にとどまってしまうのは、観光地としての日本にとってはデメリットです。より幅広い層の中国人観光客に訪日観光を選択してもらうために、日本各地で、短期旅行だけでなく「長期滞在が楽しい地域」のブランディングが必要であることが見えてきます。

予算

次に予算を見てみます。2,500元から4,000元がボリュームゾーンとなりました。

Page Top