中国トレンドExpress

【特集】国慶節まであと1か月!(1)~2017年「十一」の日本旅行動向を占うユーザー属性を発表~

1か月後に迫った「十一黄金集」こと10月1日の建国記念日を記念する「国慶節」の連休。今年は10月1日から8日の8連休となっています。

今回の特集では、中国トレンドExpress恒例の国慶節に関するクチコミとアンケート分析をお伝えします。国慶節に向けた施策の最終調整にご利用いただければと思います。

【調査概要】
集計期間:2017年6月1日~8月16日
対象SNS:新浪微博

集客時期は前年比較で前倒し、若者の訪日が予見

昨年同様、国慶節の日本旅行に関するクチコミ分析から行っていきましょう。まずはクチコミ件数推移を見てみると、8月最終週あたりから伸びた昨年と比較すると、クチコミの増加が半月程度早まっています。

今年は去年よりさらに1日長い8連休となっているため、どのように過ごすのが、早めの計画を立てている方も多くいるのかもしれません。中国のメディアの報じるところによれば、すでにツアーの予約が埋まり始めているそうです。


【2017年上半期まとめ&国慶節予測】中国旅行事情 前編 ~訪日旅行のスタイルは二極化する!?~


いずれにせよ、8月は国慶節の旅行客への集客開始の時期と言えます。

グラフ:2017年国慶節日本旅行予定に関する書き込み推移:6月8日-14日32、 6月15日-21日48、6月22日-28日89、6月29日-7月5日75、7月6日-12日102、7月13日-19日88、7月20日-26日78、7月27日-8月2日56、8月3日-9日78、8月10日-16日175

データ出所:2017年6月1日~8月16日まで、「日本旅行」に関連したクチコミを集計

「日本旅行」をクチコミしているユーザーデモグラフィック

ではここから、クチコミユーザー分析を進めていきましょう。まずはエリア分布からです。

地域

2015年の分析では上海が3割近くを占めていましたが、2016年はエリアが大きく分散していました。

2017年はどうなっているのか、2016年と比較した表から見てみましょう。