中国トレンドExpress

越境EC③ライブ動画で販売!日韓商品のスペシャリストbolome

越境EC②では、越境ECのモール型プラットフォームでの店舗運営、代行での出店・運営の例をご紹介しました。今回は小売り型の越境EC『bolome』を運営する株式会社bolome代表取締役水野 裕哉様にお話をうかがいました。

本編では、インタビュー形式で情報をお届けします。(聞き手:株式会社トレンドExpress代表取締役 濱野智成/インタビュー日程:2017年4月)

bolome代表取締役、水野様

株式会社bolome 代表取締役 水野裕哉様

日本企業にとっての越境EC市場

―本日はどうぞよろしくお願いいたします。まずは簡単に越境EC「bolome」のサービスについてご紹介いただけますでしょうか。

bolome(中国名:波罗蜜)は、日本と韓国の製品を専門に扱っている越境ECのアプリです。2015年7月にローンチし、現在の会員数は約700万人、うち95%が女性で、年齢層は22~30代前半が大半です。

取扱商品は、主にドラッグストアで購入できるもの。お菓子、化粧品、日用品など、商品数は日本商品で5,000アイテムくらいです現在はメーカーのお客様を中心に、卸販売の企業を含めると約500社と取引をさせていただいております。

―御社サービス「bolome」で商品を取り扱っていただく場合、どんな形態がありますか?

形態でいうと、三つにわかれます。①買い取り②委託③受注発注、です。メーカーの場合は②③を中心に取引させて頂いており、卸販売の企業の場合は①の形態で取引させていただいております。

「日本で売れて」「中国で知られて」いることが目安

―越境ECは今、日本企業が中国市場への参入する際の選択肢として、盛り上がっている市場だと思われますか?

この一年くらいで注目され始め、一般的にもかなり知られるようになってきましたが、販売に至る企業さんが多いかというと、そうではありません。盛り上がり、という意味ではまだまだではないでしょうか。

売りたいというお客様もいますが、当社では「売れる」と判断できるものを販売させていただいています。

では何が売れるのかというと、インバウンドを含め、日本で販売実績のあることが必須だと思います。それが中国で商品が知られるための最低条件で、中国で知られていないものは中国で売れない。中国で知られて初めて、越境ECに出品する意味があると思います。

成功するためには何よりも「自分の目」

―これから売れそうだと思うジャンル、製品があればお教えください。