中国トレンドExpress

越境EC② 越境EC二大巨頭を解説! ~株式会社オプトホールディング吉田上席執行役員に聞く越境EC進出の極意~

越境ECシリーズ第一弾では中国全体の小売総額推移から消費規模をご紹介し、そのうちのECの占める割合やECの利用者数、そして越境ECのポジションを確認しました。ご紹介したデータからは、越境ECでの日本製品の需要はまだ健在化されていない部分も含め、満たしきれていない可能性も見えてきます。

では、実際に越境ECに出店、出品するにはどのような方法があるのでしょうか。まずはEC二大巨頭とそれぞれの越境ECプラットフォームについてまとめ、その後株式会社オプトホールディング上席執行役員の吉田様のインタビューをご紹介します。

中国ECモール二大巨頭「天猫(Tmall)」と「京東商業(JD.com)」。国内ECサイトと越境ECの違いとは?

中国のEC市場で圧倒的なシェアを誇る二大ECモールは、アリババグループの「天猫(Tmall)」と京東集団の「京東商業(JD.com)」です。それぞれ越境ECのプラットフォームを持っており、「天猫国際(Tmall.HK)」「京東全球購(JD worldwide)」というモールが存在します。

中国国内のECサイト天猫(Tmall)や京東商業(JD.com)と、越境ECサイト天猫国際(Tmall.HK)や京東全球購(JD worldwide)の出店側の最大の違いは、前者は出店する企業が中国の法人でなければならないのに対し、後者は日本法人でも出店できるという点にあります。

※「天猫」は「タオバオ」のサービスの一つです。タオバオ内で天猫の名を冠したプラットフォームには「天猫国際」の他、「天猫商城」「天猫超市」「天猫電気」があります。タオバオはCtoCのECサイトとしてスタートしていますが、最近はBtoCの側面も強まっています。

京東全球購入の日本公式パートナー、株式会社オプトホールディングの吉田氏に聞く

それではここからは吉田様へのインタビュー形式で、越境ECへの進出方法をうかがいたいと思います。

今回お話を聞かせていただいた吉田様が上席執行役員を務めてらっしゃる株式会社オプトホールディングは、2015年9月、京東全球購の公式パートナーとなりました。京東全球購とタオバオのECモール内に日本商品専門の『天喜日本生活専営店』を開設し、店舗内へのお客様の商品の出品とプロモーションを手掛けています。また日本企業の中国大手ECモール(天猫国際、京東全球購など)への出店・運営を代理店として手掛けてらっしゃいます。