中国トレンドExpress

越境EC④集客AtoZ~越境ECに効くプロモーション~

越境ECシリーズ第四弾です。

越境ECプラットフォームでのプロモーションを手掛ける株式会社ルイスマーケティング(上海)副総裁の沢登秀明 様より、越境ECでのプロモーションの重要性についてお話をうかがいました。(聞き手:トレンドExpress編集長 大上/インタビュー日程:2017年4月)

ルイスマーケティング上海副総裁理沢登様

株式会社ルイスマーケティング(上海) 副総裁 沢登秀明様

「売りたい」ならば戦略を

―本日はよろしくお願いいたします。早速ですが、越境ECで集客のためのプロモーションをしている日本企業は多いのか少ないのか、といったところからお聞かせいただけますか?

よろしくお願いします。プロモーションについては、インバウンド需要があったブランドですと知名度もありますし、それなりにやっている、というのが現状ですね。

もともと知名度のないような企業ですと…PR予算がなくて、中国でのマーケティング活動にもお金は割けない、というような声もよく聞きます。ただこれは絶対いえるのですが、「ただ中国にものが売りたい」というだけではうまくいきません。

―では、限られた予算、という現実の中で、効率的な投資方法はあるのでしょうか? 越境ECでのマーケティング活動を、全体像からお教えください。

まず、ECというと、すでに確立されたモール型プラットフォームを利用する方法と、自社サイトを立ち上げる方法がありますよね。中国市場に進出する場合にはモールを利用するのが一般的です。様々な理由から、自社サイトのPRは費用対効果が悪いということが理由です。ですので、本日はモール型プラットフォームでのプロモーション活動について解説したいと思います。

モール型に出品する場合も二種類に分かれます。自店舗の出店という形が一つ。あとは、既に店舗運営しているところへ製品を卸す形です。前者を選ぶか後者を選ぶかで、それぞれPRのコツも変わってきます。