中国トレンドExpress

対決シリーズ【欧米vs韓国vs日本】化粧品の場合(2)~キャンペーンは最低月一回、勝者は秋だけでなくて○○にも実施していた!~

(1)では日本ブランド、韓国ブランドに焦点を当て、SNS露出件数の多寡について理由を考察してきました。

▼「化粧品対決」シリーズ、初めの1編はこちら

対決シリーズ【欧米vs韓国vs日本】化粧品の場合(1)~主要ブランドを独自調査!SNS露出には○○の多さも影響~

 

本編ではブランド別に、キャンペーンの実施時期とSNS露出の件数を時系列に振り返ってみます。

調査期間:2016年9月~2017年8月
グラフ:橙が露出件数、青がキャンペーン実施回数

日本勢は11月に一球入魂、月0回のブランドも

まずは日本のブランドです。

資生堂

資生堂:SNS露出件数、中国でのキャンペーン回数 グラフ

第1軸(左):SNS露出件数 第2軸(右):中国でのキャンペーン回数

 

資生堂はダブルイレブン(11月11日)前にキャンペーンを行っており、その後11月のSNS露出拡大に成功しているようです。キャンペーン実施の特徴としては、毎月キャンペーンを行っているという点が挙げられるでしょう。キャンペーンが0回の月はありません。

絶え間ないキャンペーンの実施が成功しているのか、SNS露出件数は増加傾向にあります。2017年4月はスパイクしていますが、これは資生堂の台湾進出60周年を記念し、歌手蔡依林(微博のフォロワー数3741万人)を起用し配信したプロモーション動画のヒットが関係しているようです。