中国トレンドExpress

対決シリーズ【欧米vs韓国vs日本】化粧品の場合(1)~主要ブランドを独自調査!SNS露出には○○の多さも影響~

2015年の中国化粧品小売売上総額は4844億元(およそ7.9兆円)にのぼり、2018年までにこの規模は8千億元(13.6兆円)を超えようかと言われています。その成長率は、相対的に鈍化しているとはいえ年間20%以上と予測されており、注目すべき市場であることは間違いありません。(参考:中商産業研究院)

訪日中国人に大人気の日本の化粧品、「中国における化粧品輸入国ランキング(2015年)」では日本は2位につけていますが、近いうちに転落すると見られています。その理由はずばり「中国国内における広告費用への投資額」の小ささです。

では実際、他国のブランドは中国でどの程度投資をしているのでしょうか? 今回は各国の代表的なブランドについて、中国における年間のキャンペーン回数とSNS露出件数を収集・分析し、今後取るべき対策について探っていきたいと思います。

 

調査対象ブランド(製品名含む)

資生堂
コーセー
カネボウ
ロレアル(メイベリン)
ディオール
ランコム
Lanegine
イニスフリー

 


▼中国の美容市場の概観から攻略までは、セミナーレポートシリーズがガイドします。

【セミナーレポート】China Beauty(1)~中国美容市場、計り知れぬ成長の余白~


キャンペーンが成功していると思われるブランドは?

まずはブランドごと(製品名含む)の中国における年間のキャンペーン数とSNS露出数を比較して見ましょう。

【調査概要】
調査期間:2016年9月~2017年8月
対象SNS:新浪微博上で、各ブランド名(製品名がわかるものも含む)の書き込みを収集
キャンペーン回数についてはWEBサイトを独自調査