中国トレンドExpress

【特集】日本のお菓子ブランド調査(1)~「〇〇でのシェア」がEC利用者の日常風景

日本のお菓子はインバウンド市場で人気を獲得しており、「日本で買った」「日本で買いたい」ランキングを日々賑わせています。今回は日本でお馴染みのお菓子ブランドに注目し、SNSの書き込みから中国におけるイメージやターゲットなどを探ってみたいと思います。

【調査概要】
以下ブランドについて、2017年5月~10月の新浪微博上での書き込み(ブランド名での検索、製品名含むものもカウント)を収集
・グリコ
・カルビー
・味覚糖、UHA味覚糖
・明治
・森永製菓
・ロッテ

 中国国内における関心度とインバウンドの相関

上記ブランドについて、まずはインバウンド市場での最近の動きを確認しておきましょう。各ランキングに入ったことのある商品をまとめました。(2017年11月15日時点でのランキングまで)

日本で買った 日本で買いたい
カルビー じゃがポックル、じゃがりこサラダ、かっぱえびせん、Jagabee ポテトチップスコンソメパンチ、Jagabee
味覚糖 コロロ、味覚糖のど飴PLUS コロロ、味覚糖のど飴PLUS
グリコ ビスコ、ポッキー<かさね抹茶>
森永 チョイス、森永ダース チョイス
ロッテ GREEN DA・KA・RA キャンディ
明治 たけのこの里

のべ商品点数が一番多かったのがカルビーです。ポテトチップスコンソメパンチは昨年夏前から1年かけてじっくり順位を上げてきました。夏休み終了後の1か月間で大きく順位を落としましたが、国慶節からまた少しずつ順位を上げています。夏休みだけでなく国慶節期間も若年層の訪日が多かったことから、やはり若者の支持が大きいことをうかがわせます。


▼「個人旅行」の潮流が若年層の比率を押し上げた?国慶節振り返りはこちら(会員限定)

【特集】2017年国慶節、訪日中国人の動向(1)いつ、どこから、誰が来ていた?~滞在日数は「5日間」に集中~