中国トレンドExpress

【セミナーレポート】双十一の振り返りと2018年春節対策(3)~成功した企業、5つの共通点とは

中国トレンドExpressで月1回行っているセミナー。12月は「双十一の振り返りと春節対策! 売上を拡大した事例から探る中国で有効なマーケティング手法とは?」と題し、中国最大のECサイトイベント《双十一》を振り返りました。(2)では、なぜ双十一がここまで盛り上がるのかについて中国の現在と照らし合わせて考察し、実際の戦い方について概略を述べました。

今回は、成功した企業の共通点と戦略について、具体的に迫っていきたいと思います!

双十一イベントのプロセス

双十一商戦は、11月11日の当日だけではなく、その前からすでに始まっています。この点については以前のセミナーでもお伝えしていますが、改めてお話ししておきたいと思います。

10月中旬から予約販売が開始され、そこから10月30日まではウォームアップ期(予熱期)と呼ばれ、双十一の認知を高めたり、値下げ商品、注目商品などのPRが始まります。

11月1日から、11日の当日までは本番期です。ECサイト内での企業の広告活動やポップアップが活発になってきます。

本番後の11月12日以降は、ブランディング期とされ、双十一で認知が高まった商品や人気のあった商品、またその企業の他の新商品などが、その後もさらに売れ続けることがあります。

双十一発祥の大手ECサイト天猫(T-mall)では、ユーザーが企業のページをフォローすることが出来ます。気に入ったブランドのページへ簡単にアクセス出来、新商品など、双十一ではない時でも同ブランドの商品が購入しやすくなる機能です。そのため、双十一でブランディングに成功し、新規フォロワーを獲得した企業は、その後も商品が売れやすくなります。